終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    ゲーテの恋  




    『GOETHE!』 2010年 ドイツ

    今日は、ゲーテのお誕生日らしいです。初見。
    まずは何より、ドイツ語なのが嬉しかったなァ。

    始まってしばらくはバタバタした印象でコメディなのかしらと思いましたけど、
    ゲーテ入門と言った感じで、最後まで役者さんたちの演技を楽しめました。
    『素粒子』のモーリッツ・ブライプトロ、うまいんです。(ゲーテとブッフ嬢ももちろんすてき)
    手酷い失恋をしたら、みな復讐に燃えたりせずに本を書けばいいのね~(文豪になれるかもしれん)

    「エミリア・ガロッティは?」
    「面識はありません」
    「戯曲なんです。レッシングの」
    「…聞いたことはあります」

    古今東西繰り返される物語かもしれないけれど、この思わず嘘をついてしまうとこが切ない。
    若い娘は、それも知らないのねって平気で思ってしまうかなしさもあるし。
    生真面目に法律を必死に勉強してきた参事官の表情がなんかもうほんとアレなのだ。(モーリッツさんうまい)




    知らぬ間にシラノになってしまうゲーテ。
    知らぬまま素直に教えを請う参事官。
    ムードに負けたというより、家族を養わねばならぬ長女の責任感を優先せざるを得なかったブッフ嬢。
    (だって弟妹たち&父がニコニコと見守ってるんだもの~)

    あんなに素敵だった贈り物が、現実の前ではかくも簡単にその魔法が解けてしまう演出に残酷なものをハラリと見せておいて、次は馬を走らせるゲーテに(頼む!参事官に事情を悟られないでくれぇ)と呻きつつハラハラ。

    しかし、やってきたブッフ嬢に対し、「アルベルトを愛してるのか?」って、あはははは。なんて子供だ。可愛いなあ。
    戻ったらアルベルトまで泣いてるし。可愛いなあ。この夫婦はうまくいくわね。大地に根を張ってるような逞しく健全な女は、やりくりも子育ても明るくやりきるだろうと思わせる描写。男たちの涙でブッフ嬢はひとり現実的な大人に。


    とにもかくにも感情に乾杯。




    ゲーテに扮していたアレクサンダー・フェーリングは、『イングロリアス・バスターズ』に出ていたらしいのですが、むむむ、男前なのに覚えていないとはどういうこと。

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ