終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    世界にひとつのプレイブック  




    『SILVER LININGS PLAYBOOK』 2012年 アメリカ

    初見。あら、これはロマンティック・コメディなのか…。
    ブラッドリー・クーパーとジェニファー・ローレンス、お二人ともお初にお目にかかります。こんにちは。
    どちらもうまくて魅力的と思いました。ローレンスさん、声がいいな。
    写真だと怖かったブラッドリークーパーは、実際に動いてるのを見たらちっともそんなことなくて一安心。(あ、彼、ウィンブルドン中継で映ってたっけ)

    正直、最初の20数分の主人公と彼の両親3人の描写は、個人的に子供の頃我慢してやり過ごしていたあれこれが甦って吐き気がするほどしんどかったですけど。(状況はまた全然違いますけど、家じゅうに飛び交うエキセントリックな人たちの怒号というのは、も、ほんとダメだ。勘弁してくれ。パットの脳内に響きだす悪夢と化した音楽のよーなもの)

    パットとティファニーが出会ってからは、とたんに穏やかになるのでホッとして救われました~。
    お互い、追いつめ合わない関係。気持ちを推し量りながらの。
    ここからはもう、古き良き香りのする懐かしいようなロマンティックさがにじみ出してました。
    まぁ、少し乱高下が激しく落ち着いてはいない展開の仕方でしたけど…
    パットのお家が一喜一憂する地元のチームって、いわば阪神みたいな感じなのかしらん?^^;
    ともあれ、再生する二人に幸多からんことを。

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ