終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    Breaking Bad 1-4,5  




    今回は、癌をかかえた患者と患者の親族の気持ちと、図らずもドロップアウトしてしまった青年と
    彼の家族の気持ちの描写がものすごくリアルで、がしがしとくるものが。

    ホワイト先生の矜持というのかな、なんといっても先生はロスアラモスの研究所にいたわけで…
    あの三人の間には、なにか深い溝というか因縁がありそう。(グレッチェンは、回想シーンに出てきた人よね)

    どこかほっとけないピンクマンは、なるほどああいうお家で育ったのねぇ。この描写がかえってリアル。
    最初は「ハッパ」から入ったんだろうな。やはり。次男の最後の言葉が救いだけども。
    アニキのためにも次男くんは、絶対手を出さないでいてほしい。ほんとに。

    これから、二人の男は粘り強く何かをやり遂げていくんだろーか。あかん道ではあるのだけど。

    category: その他の感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ