終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    ヤング・シャーロック・ホームズ ~対決!モリアーティ教授~  

    『SHERLOCK』 2002年 アメリカ・イギリス

    マットかダーシーさんばかり見ている今日この頃。
    (あとはいっぱいになったHDDの整理。Law & Order、面白いんですけど、検察側が犯人の自白を引き出すために、さらっと嘘(はったり?)を言って犯人を騙して解決に持ち込むのが気になって気になって!オットと、いいの?今のいいの~??と絶叫のうちに終わることがしばしばあります。カッターを演じるライナス・ローチは相変わらず見とれちゃうお顔だけど。殺人課の刑事さんたちも熊みたいでかっこいいけど。でもな、でもな、と気になる)

    ダーシーさんがホームズを演じてる!というので喜んで借りました。初見。
    ミス・マープル(『動く指』)を見て以来すっかり彼のファンになったんで 浮かれて借りたんですけど、
    なんとこの作品、マイクロフト役がリチャード・E・グラント様!ダーシーさんとグラント様が兄弟!!
    うはー、私のため?私のため~~??と、思わず身を乗り出して画面を凝視しましたわ♪
    (ミス・マープルにはグラント様もマープルの甥としてご登場されてたりして、ほんと侮れないシリーズである)



    これを見るとドンパチが多そうですが、そうでもなく。わりにおっとりした演出の一品。
    シャーロックもベネ坊ちゃんのシャーロックと親戚筋みたいな感じで。(ま、原作同じだし)

    どこか柴犬っぽいダーシーさんをSっ気たっぷりにいたぶるモリアーティ教授がヴィンセント・ドノフリオ。
    (どうでもいいけどドノフリオって素敵な苗字。いっぺん「ドノフリオさん」と呼ばれてみたい)


    長い邦題の通りの内容で、若いシャーロックがモリアーティ教授に常に一歩リードされて振り回されてました。
    新しい強めのモルヒネを作った教授は、それを麻薬業界に流通させて市場独占を狙ってるんですわね~
    そのために何人も殺す殺す…

    捕まえるつもりが逆に捕まってモルヒネいっぱい打たれちゃうシャーロックは、まるで昭和の刑事でした。あぁ、昭和のシャブ中(にされちゃう)演出の怖ろしかったことよ(泣)それに比べれば、こちらの演出は、禁断症状も含めてのんびりしたもんでした。まぁ、そこだけ力を入れられても困るけど。力を入れてるのは、ワトソン君のスプラッタ外科手術&解剖後の脳サンプル演出だったかも。(シャーロックの小脳は大丈夫だろーか…)

    ダーシーさん、いつ見ても広々~とした肩や二の腕のラインが男らしくてとってもすてきなんですけど。(手もきれい)
    今回は女性たちとけっこうおつきあいがあるんですけど、なんでしょう。ぜーんぜん色気はなかったです。
    (だからウィショー君の時のように、やきもち妬くこともなかった)
    紳士っぷりを発揮するお相手(レベッカ・ドイルですって)のガブリエル・アンウォー(久しぶり!)、綺麗でしたわ~。どう見ても、年上のお姉さんでしたが。
    グラント様とは、兄弟仲良く推理ゲームするシーンがいかにもホームズもので、良かった。
    あと、ワトソン君、けっこう好みだったわ。職人気質な感じで。肝心な時にあまり助けになってなかったけど。

    そんなこんなで無事事件を解決し、アガサおばさん(笑)とワトソンくんからお見舞いを貰ったシャーロック青年は、名探偵への第一歩を踏み出したのでした(女と飲みすぎには気を付けろ)。というお話だったかと思います。

    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ