FC2ブログ

    終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    あれこれ  

    DAS SCHWEIGENDE KLASSENZIMMER

    『DAS SCHWEIGENDE KLASSENZIMMER』 2018年 ドイツ

    初見。良作だった。映画館にて。
    最初はちょっとした反抗のつもりだったテオに特に肩入れしながら見入ってしまった。
    原題「沈黙する教室」のほうが良かった気もするが、邦題をつけたくなる理由も見ているうちにわかってきた。
    思わず祈らずにはいられない彼らの行動に安堵し(こうならない物語を我々はあまりに多くフィクションで見させられてきたのではあるまいか。そしてそれはかえって良くないのではないかというような思いが瞬間的にどっと押し寄せた)、さらに、そうかよかった、その希望があった!と胸を撫でおろすも、残された者たちはシュタージなどに恐ろしい目に遭わされたのでは…とラストまで緊張が続いた。
    実際に似た事件があったそうで、その原作邦訳も出ているとは。読まねば。まったく知らなかった。
    それにしても人間が人間を脅す時の常套手段と、あの態度。許し難いし、心底ゾッとする。


    THE CHASER

    『THE CHASER』 2008年 韓国

    初見。Netflixにて。
    友人に、ハ・ジョンウさんならこれよ~とおススメされたので。
    いつも思うが、韓国のさまざまな痛い描写というのは本当に痛い。しかも、重痛いというのか…あぁ、恐ろしい。あぁ、痛い。
    絶望の度合いも比例してキツい。所詮作り物感があまりない。とても恐ろしい。

    LeavingNeverland.jpg

    『LeavingNeverland』 2018年(?)

    初見。Netflixにて。
    これまたキツい。あの時期の洋楽どっぷり世代には特にそうだろう。当時のニュースや、彼に対しての時代時代にいろいろ感じた思いも蘇るし。
    どこまでが真実なのかとかそういうことはまったくわからない。わかるのは、二人の男性の眼の暗さだけだ。二人の眼の暗さはそっくりで、見ていてとてもつらい。穏やかだが、とても暗い。つらい。

    TUNNEL.jpg

    『TUNNEL』 2016年 韓国

    初見。ケーブルテレビで放映したのをたまたま見た。
    わーい、ハ・ジョンウさんだ!やさしい普通のサラリーマンだ!と喜んだのもつかの間、恐ろしい話だった。非情さも容赦なし。ワガクニにでも時々見聞するあれこれへの批判もストレート。ペ・ドゥナちゃんや、よく見かけるいろんな方々もご出演。
    長さを感じない作品だった。
    ハ・ジョンウさん、次は「素晴らしい一日」とかいうチョン・ドヨンさんと共演されてる映画を見ねば。メモメモ。


    THE MAGNIFICENT SEVEN2016

    『THE MAGNIFICENT SEVEN』 2016年 アメリカ

    ついにケーブルテレビでやってくれたのを見た。初見。しかし、ちょっと寝てしまった。
    デンゼル様は、ラスト仲間を弔いもせずにさっさと行っちゃうような男じゃないと思うんだけど。

    category: その他の感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ