FC2ブログ

    終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    彼が愛したケーキ職人  

    the-cakemaker-poster.jpg

    『THE CAKEMAKER』 2017年 イスラエル、ドイツ

    初見。
    いい映画でした。しみじみよかった。

    うっかり見てしまった予告編から受けたイメージとはまた違った展開を巡るお話で(腹の立つ話かな?とか思ってしまった)、終わり方などこれ以上ないくらいに大好きだった。

    静謐な画。あまり声高にモノを言わぬ登場人物たち。
    イスラエル人とドイツ人。ユダヤ教とそれ以外。
    個人的に初めて知ったイスラエルの日常の食に関する厳格な決まり事。厳格な安息日。
    しかし、物語はむしろその重さ、厳格さ、画一的な視点からは自由な描かれ方・・・(うまく言えん)
    孤独にも悲しみにも苦しみにもよろこびにも受け止め方にも、人それぞれにニュアンスがある・・・

    09_jpg.jpg

    愛についての物語でしたけど、その愛が最後には希望の見える、ぱぁっと柔らかなひかりが差すような広がりを感じさせて、そこがまたよかった。

    20181215.jpg

    孤独を抱える物静かな異邦人のトーマスを演じるティム・カルクオフがものすごくうまい。
    何もかも見通しているような瞳の義母が届けてくれる料理をもう少し近くで見たかった。
    トーマスの作る黒い森のケーキ、食べたいなァ。
    ドイツの黒い森は怖ろしいイメージだけれど、あのケーキはとても甘くて美味しそう。

    うーん、いい映画だった。
    オフィル・ラウル・グレイツァ監督。



    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ