FC2ブログ

    終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    ヘレディタリー/継承  

    HEREDITARY.jpg

    『HEREDITARY』 2018年 アメリカ

    初見。
    ホラーだわ、スルーだわ、と思ってましたが、ストレス発散もしたくて映画館へ。(目的を間違えている)

    うーぬ、怖い。
    のっけのばあちゃんの写真から怖い。
    何もかもがちょっとずつおそろしい。(のでたびたび薄目に)
    カメラワークと編集?がそれを倍増させているうえに、音楽がめちゃくちゃいい。

    ドールハウスを作る母が、ばあちゃんの人形を置くシーンに怖気をふるった。怖すぎる!!

    あと、
    ナッツはダメ。あの恐ろしさ。
    からのパーティー。
    からのあれ。

    いやないやな映画。

    でも、フフフと笑ってしまう箇所もけっこうあるのねん。
    例えば、あの家族の食事シーン。
    ぶはは、うちの実家かと思った。
    あらやだ知ってる知ってる~と可笑しくなってしまった。

    後半も、あの音に(ギャっ)となりつつも、つい笑ってしまうシーンがいくつか。

    いろんな気持ちになる映画でした。
    家族間の云々の心理的な恐怖では萩尾さんや山岸さんのそれが個人的にはもっと怖いけれど、この映画は、なるほど~みたいな気分で最後まで見入ってしまったというか、映画ならではの違う面白さがあったなァ
    が、何度か怖くて薄目だったから見逃してるシーンも多いかも。意味するところがわからないところもあったし。
    エンディングの、愛と青春の日々じゃなくて、愛は幻じゃなくて、なんだったか…青春の光と影か!がまた、ハ、ハ、ハ…とダウナーに。

    ジュマンジのあの子に再会できてうれしいんだけど、なんて役…
    チャーリーのMilly Shapiroちゃんのものすごい佇まいよ…
    トニ・コレットは爆演で拍手。
    ガブリエル・バーンはナイスキャスティングだったなぁ。優しいのかもしれないが、あまり役に立たないお父さん。
    アリ・アスター監督作品。

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ