FC2ブログ

    終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    ボヘミアン・ラプソディ  

    br.jpg

    『BOHEMIAN RHAPSODY』 2018年 イギリス、アメリカ

    ふぅ。間に合った~。あやうく観に行けなくなるとこだったわ。
    というわけで初見。

    ブライアン?ちょっとブライアンなの??


    と、劇中のブライアンに何度か話しかけてしまいました。心の中で。

    映画のストーリーは、さび抜き仕様だった。個人的に。

    あれ?あの曲がないよ。
    あれ?この曲このシーンで使うの??
    などともつい思ってしまった。
    ファンはある程度みんなあれこれ思い入れがあるからどうしてもついなァ。

    ライブエイドのシーンでは、ラミちゃんが見慣れたライブエイドのフレディになっていて目をむいた!憑依よ憑依。
    劇中ところどころ、これはラミちゃんの声なのかな?と思った箇所があり、そこはとても上手なシンガーの声も入っているとのこと。

    しかし、のっけの20世期FOXのあれ。からの、ヘヘヘヘーーイ!!というフレディの声には思わずじわぁっと涙がにじんでしまったので自分でも意外だった。あそこはきたなァ(T_T)(T_T)
    そっからの、あの若いフレディのシーンが大好きだ。

    ライブエイドのシーンを見ながら、これはフレディもあっちでニコニコしてるかな?という気分になってきた。
    消えることのない異邦人感覚をボヘミアン・ラプソディにのせて咆哮するごとく語っていくドラマなのかなと思っていたけど、それとはまた違うアプローチの作品でした。

    役者さんみなよかった。
    しばらくの間、フレディを演る役者さんが二転三転してたけど、ラミちゃんになって大正解だわ。MR. ROBOTしか知らなかったけど、ほかの作品も見てみなければ。
    クイーン、しかしほんと名曲が多いな。そしてフレディの声は永遠に色褪せない。これで彼らに触れて、あれこれ聴き出す若い世代が増えると思うとまたわくわくしちゃう。
    かつて中学生の心をがっと掴んだクイーンだ、これからもその音、その声、その歌詞で地球上にファンを増やし続けるはず♪

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ