FC2ブログ

    終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    シグナル  

    2016시그널

    『시그널』 2016年 韓国

    未解決事件を追う若い警部補は、古い無線機から15年前の事件を追う刑事の声を聞く。不思議な無線機で過去と現在がつながり、時効目前の事件が再び動き出す。

    というNetflixの番組紹介に惹かれ、数日かけて鑑賞。
    昔と今が古い無線機でつながるなんて、「オーロラの彼方へ」みたいだと思ったし、そういうの好きだし。

    で、見始めたらば、のっけからホラーのような緊迫感と恐ろしさにぐいぐいひき込まれて、面白いのなんの。見始めたら止まらないドラマでした。
    もちろんつっこみどころもちょこちょこあるんですけど、9話あたりまでの吸引力はすごかった~(嬉)
    つっこみどころは、回収されるものもあれば、未回収のままのものもあり、回収されても、え、マジで~?なこともあり、まぁうん、気にしたらダメよね(^^;と流して鑑賞続行。

    途中までむちゃくちゃ面白いのです。
    主要な3人の刑事さんたちが、誠実さを至上とする真っ当な人たちで、過去にあれこれありはするけど未解決事件解決のために必死になるのがとてもいいし、(1,2話の犯人の女優さんめっちゃ恐ろしくてよかったなぁあの人)理不尽に苦しむ誰かのためにものすごく怒るのもいいし、怒涛の展開も目を離せず、無線機の使われ方も面白い。第4話なんて、思わず泣いてしまったぜ。
    たまに差しはさまれる昭和の少女漫画のようなシーンも、その温度差にたまげるのものの、微笑ましい。

    なのに、突然登場人物たちがいまいちできない人、困った人になりかけ(同じミスを二回もするとか、急に女を出してくるとか、急に芯がぶれだしたりとか)どうしたんだ、いったい!!と不思議な気分に。
    え、そんなことより、はよ、事件事件!!捜査捜査!!なにしてはんの~~みたいな。(それまでは、事件と捜査にきちんと全力を傾けていたのに)
    過去を変えると現在も変わってしまう、やはり過去は変えてはいけない・・・って西洋ものみたいになってきていたのに、突然の展開以後は、どんどん変えてくぜ~!!みたいになるし。諦めない、の意味もちょっとずつ変化してたようなそうでもないような、ええと、どうだったっけ。
    役者のせいでなく脚本のせいなんですけど、どうも尺が最初に決まっていて、むりやり話を引き延ばさないといけないってんでこんなことになってるんやろな・・・みたいな感じがしたなァ
    あと、脚本ができる上がる前にスタートしたのか、大事なタイムパラドックス問題?の処理が結局ものすごい力わざでお茶を濁す形のエンディングになっていてオットとひっくり返った(笑)最終話、モノローグばっかりやし(笑)
    中盤のぽかーん展開と、ラストのぽかーんエンディング、いやぁ、びっくりしたなぁ。韓国ドラマ、興味深い。
    いらちの自分には、2時間映画のほうが向いてる・・・とも思ったけれど、なんだかんだ楽しみまくった16話でした。





    category: その他の感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ