FC2ブログ

    終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    喜んだり、愕然としたり  

    ぎゃー、ドーナルくんの新作はサラ・ウォーターズか!(嬉)
    読んでないなぁ。これは映画のあとにしよう。面白そう!!



    引き続き、Netflix鑑賞。

    La_Mante.jpg

    『LA MANTE』 2017年 フランス

    初見。こちらは6話完結ドラマ。
    ラ・モントってなんだろうと思ったら、カマキリのことでした(^^;
    ドラマのオープニング曲は、あれ、ドナドナじゃないのか。メロディが一緒だった。
    しかも、短縮版。
    ちょっと調べたら、ウィキには”フランス語版ドナドナは、子牛でなくラ・プティ・ギャルソンの副題がついている”とあった。坊やの受難の歌なんだろーか??

    数十年前の事件を真似た模倣犯が現れ、捜査協力を申し出る服役中の連続殺人犯、 通称"カマキリ"。その絶対条件は、刑事をしている息子が捜査に参加すること。

    という公式紹介+主演がキャロル・ブーケということで楽しみに鑑賞。
    お!お!女ハンニバル?という感じで一気に見られる作品ながら、
    突っ込みどころかなり多し!美女多し!
    つっこみつつも、ラストは泣いてしまった。
    そのまま行ったらあかん!もう一度降りて、ハグや!ハグや!と思っていたら、あぁよかった。
    キャロル・ブーケが時折見せる死んだような目、氷のような目が怖ろしくて最高で、これがまたきちんと意味があった。
    何をしても足りん。復讐にはぜんぜん足りん。と思っていたら、なるほどそうなるのか。当然や。
    やっぱりキャロル・ブーケの表情が一番良かった。最後の笑み、素晴らしかったわ。


    さらにNetflix鑑賞。銀英伝の8、9話。
    8話は、久々の帝国側で、個人的にはルッツに再会できて嬉しかった。生きてたのね~~(T_T)みたいな。(私は大丈夫なのか)見た目は自分の脳内実写劇場とは違ってたけど、ウン十年ぶりに生きて喋ってるのを見て安心した。
    いまいちだったのは、キルヒアイスとラインハルトに二人だけの親密さがさっぱり感じられないところ。
    なんでキルヒアイスはいっこも微笑まへんの?いつも能面みたいなのはなんで??あれじゃ、ぜんぜんラインハルトの親友兼お父さん兼お母さん兼兄貴に見えないわ。振り向いたらいつでも、大丈夫、って感じで見守っててくれる優しくてあったかい存在じゃなかったっけ?私の夢か?いや、原作は数百倍親密やったぞ。
    彼は出番がアレなんだから、ここをきっちりやっとかないと後々話にならんやん(心配)
    あんなんで髪いじりされても、は??なにこの二人??ってぎょっとするんじゃないかしら。原作とか知らない人が見たら。
    しかも、髪を指にからめて引っ張る(これは作者田中氏の萩尾望都さんファンらしさが出てる描写だと思う)んじゃなくて、なんかお母さんが自分の子どもの髪を直してあげるかのような撫で方で、不思議・・・。(しかも引くほど長いねん)


    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ