FC2ブログ

    終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    ハイヒールの男  

    MAN ON HIGH HEELS2

    『MAN ON HIGH HEELS 하이힐』 2014年 韓国

    はや、6月。今日はついたちじゃないの。映画館に行けたらどれだけ良かったか(泣)
    しかし、かなわないのでおうち映画。Netflixにて視聴。初見。

    はちゃめちゃに強い刑事のユンは、不死身のサイボーグと呼ばれる海兵隊あがりの男。
    すらりと長い手足、引き締まった筋肉、ひとりで何人でも倒していく身体能力とストイックな印象で、敵であるヤクザにまで一目置かれている。
    部下にも上司にも頼りにされている、ちょっとやりすぎなできる刑事の彼は、しかし、プライベートでは不眠をかかえてクリニック通いをしている悩み多き男。
    ある日、ついに大きな決断をした彼は上司に二度目の辞職願を手渡すのだが・・・・


    変わったタイトルの韓国ノワールやなァ・・・と見始めたら、おっと、これは。
    なぜ彼は、ここまで強くなったのか。そうか、そういうことだったのね(T_T)

    繊細さを内包したユーモアと、意表をつく登場人物たちのキャラクター造形も面白いし、ある一人のトランスセクシャルの人間の人生として切なくやるせないラストにぐっときてしまう。

    大事な人の妹のオッパーとしての道を選ぶのか・・・(T_T)
    彼との約束を守る生き方を選ぶのか。
    (あそこは、字幕、「ジウクさん」でなく「お兄さん」でよかったのに)

    自分自身を生きようとすると、理解者の誰かが消える・・・とか辛すぎる人生だ。
    それでも、タクシーの運ちゃんや空港職員など、ほんの一瞬すれ違う見知らぬ誰かのなかに、ユンをユンのまま、きちんと受け止めてくれる人間がいるという描写がよかった。
    ヤクザに、最終的に「(あんたはやっぱり本物の)男だな」と、ダメ押しほんまもん認定される皮肉もアレなのだが。
    真っ赤な付け爪を、ぱちんぱちんと取っていくシーンは印象的だった。

    ホ・ゴン会長は、ユンの男としての仮面に惚れていて、ほとんど抱かれたがっている風なのがニヤリとさせられるし(部下は呆れている)、変態犯罪者にはユンの女性性を鋭く嗅ぎ分けられて興奮されてしまうのが迷惑極まりないし、医者に紹介されたTSのマダムが海兵隊の先輩とわかって、思わず「必勝」と敬礼して嫌がられるのは可笑しいし、権力欲だけの狡賢いへっぽこかと思った検事が最終的にはやられてしまうものの身体能力もなかなかのものだった、ちょっとあんたを見直したわ!となってしまうシーンも面白い。ぜんぜん効かないホルモン注射痕をヤク中と間違えられるのも、切ないのだ。
    慕いまくっているアニキの秘密を知り、思わず酒の力を借りつつ(あの時、女装に吐き気がするとか言って傷つけてしまってほんとごめんなさい)と内心謝りながら、正直にアニキの美しさをほめる弟分のシーンもすごくいい。なんてまっとうな脚本だ。

    とにかく、おもしろうてハラハラさせられてダバダで切ない、なんとも魅力のある1本でした。
    あ、そうそう、チャンミの女優さんの歌声もよかったわ。






    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ