FC2ブログ

    終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    アナイアレイション  



    『ANNIHILATION』 2018年 アメリカ

    これもnetflixで鑑賞。初見。
    監督は「エクス・マキナ」のアレックス・ガーランド。

    ある日灯台に何かが落ちてきて、以来、それがじわじわと我々の世界を侵食しつつある。
    光の集合体のようなそれの中では、電波は届くが磁石が狂い、確認にいった誰もが二度と帰ってこず、動植物はみな変異していく。
    軍人たちの一団が帰らなかったあと、集められたのはさまざまな専門分野の専門家である女性5名。
    彼女たちは、果たして侵食を食い止め、自らの帰還を可能にすることができるのか・・・

    美しいグロテスク、という感じで、昔から気になる大いなるもの、を意識させられる面白い話だった。
    ひとつの生物であるヒトに自己破壊願望があるなら、宇宙全体にもあるだろうっていうような。
    宇宙の誕生からしてかかわっている大いなるもの、の意思が変異を求めるなら、アナイアレイションだってあるだろうというような。それは別に悲劇でもなくて、ただの変化だろうとか。
    シマーの中ではそれが可能になるらしく、種を越えちゃうヒトが出るのも興味深かった。(そのビジュアルは、カタチだけヒトを留めるのだけど、やけに美しい)
    そもそもの古代ローマからのグロテスクそのものの話のようにも。

    なーんて、そういう話ではないのかもしれないが。

    ナタリー・ポートマンは実は苦手だったのだが、今回見たらいいなぁと思ってしまった。
    いい感じの年の重ね方をしてて、うまいし、素敵だ。

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ