FC2ブログ

    終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    ポーの一族  

    ポー

    見た目14歳くらいの少年たちやその妹などが主役なのに、どうやるのかしら・・・
    でも見たいな。タカラヅカだし。麗しいドレス見たいし。気障る男役群舞も好きやねん…
    でも、わたしの愛する世界がどうなってるか想像がつかん…

    と、不安半分で楽しみにしていたポーの一族をようやく観てきましたんですが、

    いやぁ、さすが宝塚。

    のっけから、

    エドガーがいる!!
    エドガーがほんまもんや!!!


    と、ちょっと衝撃をうけました。

    すごいな宝塚。

    はっきりいって、花の道を抜けて席についても、まだ「バーフバリ」のテーマが鳴りやまなかったのに。
    エドガーを見た瞬間、ぴたっと静かになりましたわ(笑)

    萩尾さんの筆による世界の宝、愛しの総合芸術の世界を見事に体現してる~~~~
    ド近眼だし乱視だし老眼も入って、顔ははっきりしなかったとはいえ、
    どう見てもあれはエドガーだった。
    メリーベルに水車を作ってあげるエドガー。あの瞬間の兄妹にはまいった。
    シーラ(が娘役さんトップだったのかな?)は光り輝いているし、
    アランはやっぱりアランがそこにおる~~!!だったし、
    クリフォード先生もなかなかだった。キングポーも老ハンナも。
    もっと薔薇を!!とは思ったけれど。

    霊媒師をああいう風に持ってくるのも面白かったな。
    あ!沈丁花の君!と思った瞬間ぶったぎられたのも、またよし(笑)

    1幕目、私はすっかりあの漫画世界の持つ切なさ、やりきれなさ、恐ろしさを思い出して
    じーんとしてしまったのでした。
    2幕目以降は、ちょっと気になる部分もあったのですが、もう何も言うまい。

    いやぁ、まずはとにかくタカラヅカってすごいわ。
    この違和感のなさ。
    すっごーい。

    バーフバリもできるんじゃないかしらねえ。ほんとに。

    category: その他の感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ