終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    ダンケルク  

    Dunkirk_Film_poster.jpg

    『DUNKIRK』 2017年 イギリス・アメリカ・フランス

    初見。どうせ観るなら・・・とIMAX次世代なんたらで鑑賞しました。
    作品情報ぜんぜん入れずにいたけれど、これで見て大正解だったみたい。
    ありがとう、映画館。(オットも前のめりであった)
    個人的にはこの監督の作品は、合う時とさっぱり合わない時がはっきりわかれるけれど、今回は良かったなぁ。面白かった。
    ラストでちょっとひっかかったところがあって、それはあとで考えるとして、とりあえず、見ることができてほんと良かった、と思う作品でございました。

    ま、一番思ったのは、ノーラン監督って、ほんと男優たちを美しく撮るわよね!!ってことだけど♪(ワタシのダーシーさんも、超かっこよかったわ。へっへ)

    とにかく、のっけから臨場感、緊迫感、切迫感が半端なく、おそろしくてたまらない。
    死ぬ、死ぬ、死ぬ~~と、何度も体験させられる。
    チャーチルの~we shall never surrender~演説は素晴らしいけど、実際現場はそれどころじゃない。
    状況を読める人間なんて限られているので、若い兵士たちは右往左往しながら、ひたすら、今どうするかを考えて運に任せて動くだけ。時間とのたたかい。
    40万残っているのに、本土決戦に備えなくちゃならんから救出にはそんなには派遣できぬ。3万だけ救えって(言ってたと思うんだけど勘違いだったかもしれん)、もう、むちゃくちゃ。戦場ってほんとに(涙)

    あぁ、怖い。わたしなんかなんの役にも立たんな、震えて逃げ惑うばかりだな。すぐ殺られるな。あぁ、無理無理。戦争あかん~~。と観ている間じゅう、主人公の半身気分で感じっぱなし。(主人公はもっとしっかりしている)
    恐怖に震えながら、若くして異国の海で死んだ大叔父の写真や、戦場の話を決してしなかったという祖父や、異国で戦病死したオットの祖父や、戦場の凄まじい体験を少しだけ話してくれた恩師たちのことを何度かチラっと思った。隣国とはできるだけ仲良くしとかなあかん、とも。いざって時に助け合わねばいかん。

    それにしても、ダンケルクの戦い、歴史の大まかな流れはなんとなくわかっていたけれど、ものすごい数を撤退させたんだと改めて。これが1940年か・・・。すごいことだな。

    敵憎し、とかそういうのではなく、兵士大事、人間大事、自分のやるべきことを見極めて生きていきたい(イデオロギー云々無関係に、いまそこで大変なことになっている人を助けるのが命題の医療従事者とかはそこがはっきりしてていいな、とか)、というような気持ちがずーっと横溢しているような、そんな映画でした。もう一回みたい。

    さ、あとはひっかかってる部分を考えよ・・・。

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ