終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    ハドソン川の奇跡  

    SULLY.jpg

    『SULLY』 2016年 アメリカ

    めちゃくちゃ面白かった!!(嬉)

    トム・ハンクス、時々苦手なので(主に泣いてるときとか叫んでるときとか)いけるやろか・・・と心配もしていたんですけど、今回は良かったなぁ。これは大好きだわ。

    というか、出てくる役者みんな良かった。ジェフのアッカートも良かったよ~~。おひげなのに。
    調査委員会のバートとスカイラーも、最初、むちゃくちゃ憎らしくてほんとやきもきさせられるのだ。
    「・・・17回です」には、思わず、内心(よっしゃ!ほれみい!)となってしまったのも彼らのおかげ。

    とにかく何がいいって、プロフェッショナルたちが仕事をする姿。人間の姿だ。
    サリーを筆頭に、各自が自分のできることをできるだけ速やかに冷静に確実にこなしていく。これが最高によかった。
    訓練、経験、技術しかないんだなぁという。それがあってこそ初めて可能になる咄嗟の判断。
    身内の元飛行機乗りも、その昔、プロペラ機で何度も何度も胴体着陸のための訓練をしたそうな。
    そしてチームワーク。事象に対しかかわりの出てくるすべての部署の。これはどんな現場にも通じるものだろう。

    結果はわかっていても、「155人全員無事」を待つまでのドキドキが止まらなかった。そしてその瞬間の嬉しさったら!!!

    今年は、自分の持っている能力でもってなんとか危機を乗り越えようとする人間たちの映画にたくさん触れられて幸せだなァ。しかも、いずれも少なくとも表面上はみな淡々と事にあたっている、という描写なのが素晴らしい。

    そうそう、エンドクレジットが流れるなか映った本物のサレンバーガー機長がとてもハンサム!(しかも誕生日が同じとわかり、なお嬉し)
    それと、観に来ている人が、イーストウッドと同い年?と思うようなおじいさんばかりだったのはなぜ。
    うーん、ほんと面白かった。



    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。