終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    無題  

    ここしばらく、街に漂うクチナシがとってもいい香りで、
    歩きながら思わず鼻をふくらませております~
    あぁ、いい匂い。

    そして、家事の間じゅう、相変わらずME & MY GIRLのナンバーを
    ふんふん歌ってしまう毎日。(ヅカ効果絶大)
    傍から見てたら気が触れたかと思われそうだけど、いいんだもーん。
    誰も見ちゃいない(猫s以外)し、わたしが楽しいんだからさ~

    そしてふと気が付いた。
    ME & MY GIRLと、キングスマンは似ている。根っこの部分が。

    Manners maketh man.
    礼節、礼儀、マナーが人間を作る。
    自ら努力して自分のものにした礼節、立ち居振る舞いが紳士を作る。
    そして人間は、そういうマナーにしばしば動かされやすい。
    それを手に入れたら、次は本人自身の生き方、中身がモノを言う。
    カッコいいってなんだ、どういうことだ。
    たまたま生まれたお家の家柄やら人種やら階級やらなんてどーでもいいじゃん?っていうあれ。
    もとは、みーんなミトコンドリア・イヴだしねぇ。

    ME & MY GIRLの主人公は、父親は伯爵、母親は一般庶民。いわば二つの祖国を持つ男。
    彼は礼儀を学ぶけれど、結局元々彼が下町で生活しながら培ってきた人柄、知恵、性格の良さでもって己を貫き、彼を値踏みする上流階級にはひとつも譲歩しないまま!物語はハッピーエンドを迎える。
    彼が選び、また彼を選んだ「俺の女の子」サリーは根っからの庶民だけれど、彼女もまたその人柄でジョン卿を魅了し、彼の協力によって礼儀作法を身につけた上で、本来の彼女自身でもって勝負する。
    キングスマンもME & MY GIRLも有り得ない夢物語だけれど、だからこそのニヤリとさせられる反骨精神がいかにもイギリス。
    礼節礼儀マナーってのは武器のひとつになるよ、っていう。
    そのあとの生き方はすべて自分次第!!これは夢じゃない現実。
    誇り高いってのは、出自もくそもない。

    イギリスといえば、今回のポーの一族の新作の舞台もイギリスでした。
    そして、設定された時代が、一昨年夏以来私を夢中にさせている刑事フォイルの時代と被っている。
    昔変わらぬエドガーを見ながら、この物語はこうなるのではないか、ああなるのではないかとしばし考えたりしましたが、続きは冬とのこと、それまでじっと待つことにしよう・・・・
    もう、メンデルスゾーンの像もぶっ倒されたあとの切迫した怖ろしい時代なのだ。
    不寛容、不寛容、不寛容・・・。



    そして、フォイルと同じように、翻っていまを考えるということになりそうな・・・

    が、しばらくは、元気を出さないといけないので、♪あの子こそwonderfulで、marvelousでbeautiful!誰にだってわかるさ~♪、♪考えりゃみんなくだらないことだ。ガタガタしても死ぬの待つだけ。ちょっとした知恵、悲しみ受け流す知恵。アゴで受け止めてニヤリとしてから スマイル♪と鼻歌を歌いながら、暮らすことにする。





    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ