終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    スポットライト 世紀のスクープ  

    spotlight.jpg

    『SPOTLIGHT』 2015年 アメリカ

    初見。
    社内に邪魔立てするものがいるのではないか、いのちを狙われるのではないか、妨害工作で印刷されないのではないか等々、スクープ記事の掲載された新聞がきちんと配達されるまでけっこうハラハラしてしまった。

    権力を持つ巨大組織というものが抱える問題と同時に、見たいものしか見えない(そんなことがあるわけがないという前提があると動きにくい)、信じているものしか信じない、見たくないものは見ない 「人間」 というものがよくみえる。

    1人、13人、87人、240人・・・・・・・・・・・
    信じている、信頼している、親が拠り所にしているものの使者の言う事、する事、命じる事を断れるわけがない。ましてや子供!!なんと怖ろしい犯罪。

    「胸くそ悪いよね」という台詞が何度か出てくるが、呆気にとられ、耳を疑い、徐々に本当に反吐が出そう、辛さが刺さり涙が出てしまう強烈なドキュメンタリー『Deliver Us from Evil』(フロム・イーブル 〜バチカンを震撼させた悪魔の神父〜)は、改めてものすごい衝撃だった。
    (松嶋×町山 未公開映画を観るTVで取り上げられ、DVDになったおかげで私も昨年見ることができたのです。ありがたい)

    from.jpg

    まったく他人事に思えず、むしろあまりのことに我を忘れそうになるほど強烈な一撃のあるこのドキュメンタリーのなかでも、ボストンの新聞記者と記事のことが一瞬出てくるシーンがあった。
    ドキュメンタリーで取り上げられるのは、カリフォルニアで「移動」させてもらっていた神父と被害者、被害者家族、カトリック教会という大企業体質の組織と歴史、そしてその大元締めであるバチカンである。



    「スポットライト」といっしょに、この強烈なドキュメンタリー映画も鑑賞すると、問題がよくみえるし、さらに多くのことを考えさせられるだろうと思いつつ、被害者たちのこと(同世代もたくさんいたから、そのショックもあり)がずっとずっと頭の奥に沈み込んでいるのを感じる。
    ほんとうに、なんという事件、いや人類史だ。




    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ