終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    THE WOMAN IN THE FIFTH(邦題:イリュージョン)  

    the-woman-in-the-fifth_2.jpg

    『THE WOMAN IN THE FIFTH』 2011年 フランス・ポーランド・イギリス

    初見。まったく知らなかった作品。
    WOWOWのイーサン特集で録画しておいたら、これが好みの映画~(嬉)

    ラストが少し尻窄まり・・・というか、
    ものすごく好みの画に浸りきっていたらいきなり店じまいされてがっかり、
    みたいな気持ちにならんこともないのですけど、いやぁ面白かった~。
    私はこの映画、好き好き~。

    あの世とこの世の境があいまいな感じ。
    上田秋成な感じ。内田百閒な感じ。
    陰影に富んだ美しい画。
    巴里の暗がりが抱えている秘密のような幻想譚。

    すべては作家の小説のようであり、(彼の2作目なのかもしれない)
    男の抱える消えることのない喪失感そのもののようでもあり、
    己のいのちが消えるまえの一瞬の夢、悔恨、懺悔のようでもあった。
    あるいは、単にダメ男の脳内願望なのかもしれない!
    (なーんもしてないのに、美女がふたりも彼のものになるのである)

    ワンシーン、ワンショットから手前勝手にあれこれ感じることができる
    もやもやとした自由で素敵な一品。

    「あれ?眼鏡の度数が一緒だね。クロエはパパと同じ世界を見てるんだね」
    という台詞が良かったなァ

    the-woman-in-the-fifth101.jpg


    「その土曜日、7時58分」「デイブレイカー」で、そのあまりのダメ男演技のうまさに(すごいわ!!)と、見直しまくったイーサン、今回もイーサン的ジャンルわけでいくと、ダメ男系だわね~♪
    (今にして思えば、若かりし頃の「トレーニングデイ」もダメ男だったかもしれん。うん)

    それなりの年齢になってシワも増え、かえって昔よりすてきなお顔になったイーサンですが、今回は暗いお顔に黒縁メガネとぼそぼそした仏語、ちょっと危険というか変人すれすれのヤバめの精神状態の疲れた男をいい感じで演じてました。
    でも、共演の年上ヨーロピアン、クリスティン・スコット・トーマス(この役ぴったり)にバスタブで頭を洗われているイーサンてば、90年頃の坊ちゃん顔と変わらなく見えて(あれ?可愛い・・・)と、笑ってしまったわ。

    今後もダメ男芸をさらに磨いていってね!イーサン。




    category: 映画感想

    tb: --   cm: 2

    コメント

    ダメ男イーサン~。画像を見る限り、この作品では髪を黒っぽく染めているのかな?
    そして、仏語で演技してるの?見たくなったよー。私は語感フェチなんだと思う。色んな国の言葉が話せる人にすぐクラッと来ちゃう。

    クリスティン・スコット・トーマスはイギリス人なのですが、結婚してフランスに長く住んでいるのでだいぶ英語が怪しくなった、と以前インタビューで話していました。
    うん、「トレーニング・デイ」もダメ男アナザーバージョンですね、今思うと。同意です。

    トリみどり #tUEYA2/g | URL
    2016/03/23 21:21 | edit

    トリみどりさん、こんばんは。
    昨日は職場でトイレいくたび、ぷぷっと笑ってしまいましたよ~。(感謝)

    イーサン、この写真では黒っぽいですが、映画ではそうでもなかったような・・・
    仏語はときどき喋ってました。アメリカ訛りなのかなぁ、優しげな可愛らしい(あ、子供と喋ってる時)仏語でしたよん。あとは英語ですの。
    いいですよねぇ、異国言語を操れるひと。あ、トリみどりさんもだわ(惚)

    クリスティンは十代後半からフランスにいるみたいですね。あんまりイギリス人ぽく見えないのはそのせいかしらん?雰囲気が、だけど。

    よかった(うふふ)やっぱり、「トレーニング・デイ」ダメ男ですよね。
    イーサンの作品選び、面白いなーって思います。

    武田 #- | URL
    2016/03/25 18:37 | edit

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ