終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    間諜その2 『KINGSMAN: THE SECRET SERVICE』・『THE MAN FROM U.N.C.L.E.』  

    スパイもの、やっぱり裏切りのサーカス以降、特に流行ってる感じなんでしょーか??
    今年は、この2つを映画館で見ることができて幸せでした。
    見終わってご機嫌になっちゃう親戚みたいな両作品は、音楽も良かったわ(嬉)

    kingsman-poster.jpg

    『KINGSMAN: THE SECRET SERVICE』 2014年 イギリス

    初見。マシュー・ヴォーン監督作品。
    あっはっはっは、おもしろ~~い!!

    これはもう、全中学生男子必須映画に認定すべきだわ、と真面目に思っちゃった。
    私のなかの中学生男子?が燃えましたもん。
    ほんとにかっこいいってのは、こういう事だろ?っていうメッセージがストレートなんですもん。

    たまたまエレベーターから映画館までずっと一緒だったせいで中学生だとわかったどこぞの坊やは、なかなかの紳士予備軍だったので、それもまた嬉しかった。(エレベーターで、さっとドアを押さえて、何階ですか?って聞いてくれたりして)

    コリンがまた、ほーんと素敵で。若造を導くキングスマンていう役どころにどんぴしゃね~♪
    渋くてエレガントで強くて、スーツ姿もばっちり。
    次回作、なんとか復活してほしいけど、どうにかならんのだろうか。

    敵役の男女もよかった。現代的でスケールが妙にでかくて(楽しそうで)。
    それも含めて全編にちりばめられた英国らしい?皮肉の利かせ方も、ここまでくると拍手喝采。
    ぶぶっ とふき出しちゃったけど、誰もくすりともしないので、しゃーない、口押さえて笑ってました。



    スカッと楽しく小気味のいい一篇。大満足~



    T3.jpg

    『THE MAN FROM U.N.C.L.E.』 2015年 イギリス

    もう一本がガイ・リッチー監督作品。
    先日見てきたばかりですけど、これがまた、

    ビバ、娯楽活劇!!!な面白さ。

    このまま年越す前にもう一本なにか近所で見られるものは・・・と探してたらやってくれてたのですけど、コードネームUNCLEって??と思ったら、

    T1.jpg

    なんとナポレオン・ソロ!!(原題知らずにいたわ、いままで^^;)
    それなら~とのん気に出かけて行ったらば、まぁ、楽しいのなんの。

    いい男いい男いい女・・・そして難敵!!!(大事)

    のっけに出てくるクリストファー・リーヴとマット・ボマーの親族みたいなお顔のマッチョがソロだったんですけど、彼の声がとっても良い♪ その上、しっかりとどこまでもソロなのね~(嬉)
    さらに、どえらく強いKGBだけどなんか応援したくなるな~と気になった男が、あのイリヤ。
    自分の中ではデヴィッド・マッカラムで固定されていたのに、この映画では彼でなくちゃダメだ!と即納得。
    (この二人、すごく相性がよく見える)
    また、彼らに絡むギャビーとヴィクトリアというタイプの違う美女二人がめちゃくちゃ素敵。目の保養。
    (某映画のスマイリー妻は本来ヴィクトリアのようなゴージャスさを兼ね備えているべきなのに、ほんとあれは残念だった)

    この4人が強い上に、いつまでも見ていたくなる生き生きした面白いキャラクターなんで、(全員初めましての方ばかりでしたけど)一気に好きになってしまったわけです。
    そうそう、こちらで彼らを導く?ウェーバリーを演じるのが、ヒュー・グラントというのも可笑しい。子爵だかの第2子だけれど、爵位を捨ててる元アル中(だっけな?)っていう設定も面白いわ。

    とにかく、エンタメに徹したテンポのよさに加えて、60年代のアナログさ、ファッションやらあれこれにもわくわくできる最高に楽しい作品なのでした。

    T2.jpg

    ちなみに、イリヤがオートバイで追っかけるシーンはめろめろになったわ~。
    もちろんワルサー構えるとこもいいんだけど、パっと現れた瞬間、(わ、ヒルツ大尉だ!マックィーンだ!バド・イーキンズだ~~~!!!)ってな感じの撮り方にしてくれてるとこが最高。そういえば、同じ63年だし、絶対にあえてやってくれてるはずよね。(まぁ、ローマでは、ソロがベスパで現れてくれたりもするんですけど♪)



    早く続きをミセテクレ~、と見終わった瞬間に待ち遠しくなっちゃった。(子もはまった様子)

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 4

    コメント

    こんにちは!「イリヤがオートバイで追っかけるシーン」のくだりを聞いて、俄然見たくなりました!!武田さんは、あと「ミッション・インポシブル/ローグ・ネイション」を年内にご覧になれば、今年の4大スパイ映画のパーフェクトを達成できます、とそそのかしてみる(笑)。

    あれですかね、スペクターは、映画と敵が合ってなかったんですねきっと。

    知り合いも、「裏サー」が今のスパイ映画の流行りのきっかけを作ったと言ってました。


    ドラマもたくさんご覧になっててすごいです。私は録画したままになっている刑事フォイルをどうにかせんといかん。ちょっと今、心がNYに飛んでいるので、北大西洋を渡ってイギリスに行ったら見ようと思ってます。…しばらくは先になっちゃうかな(汗)。

    トリみどり #tUEYA2/g | URL
    2015/12/25 08:58 | edit

    No title

    トリみどりさん、やっとPC動きました!!昨年は本当にありがとうございました。本年も、なにとぞなにとぞよろしくお願いいたしますね♪

    お返事すっかり遅れてしまいすみません。
    ミッション・インポシブル/ローグ・ネイション!!見逃しております~~~。トム、待ってて~~。必ず見るよ~~。

    NY妄想、今年もどうぞがんがんいってください!!私も併走できるようにマメにケーブルTVチェックします!!

    武田 #- | URL
    2016/01/08 19:29 | edit

    同じ記事に再びのコメントでございます、こんにちは。「コードネーム」を見たのでやってきました。いやー、冒険活劇でしたね!面白かったよ!映画館で観たかったな!
    「クリストファー・リーヴとマット・ボマーの親族みたいなお顔」。これ武田さんすごくうまいこと言いますね!めっちゃくちゃ納得しました。確かに似てる!ヘンリー・カヴィルは今ちょうど公開の作品でスーパーマンを演じてますが、2006年のブランドン・ラウスといい、制作側はクリストファー・リーヴの面影があるキャスティングをしてるんじゃないかな、と思ってます。

    ヒロイン像も昔のただ守られるだけのか弱い存在ではなく、この映画のようにたとえ時代が60年代でも武器を持って(もちろん持たなくても)立ち上がり戦う女性へと変化してますね。そういうのはかっこよくって私は好きです。

    続編ぜひ作ってほしいですね。


    トリみどり #tUEYA2/g | URL
    2016/04/28 12:50 | edit

    きゃ~、トリみどりさん、ご覧になったのね♪(ハイタッチ)

    ねぇ、スクリーンでわくわく楽しむ冒険活劇ですよね。
    いい男だけでなく、いい女!
    大事ですよねえ。へっへっへ。

    スーパーマン(なんでバットマンと戦うのじゃ~)のヘンリー・カヴィルは、アカデミー賞授賞式で見たら、なぜかそんなにクリストファー・りーヴとマット・ボマーの親戚顔には見えなくて、むしろ可愛かったので驚いちゃいましたの!!やっぱり俳優さんだから、演技してるときとそれ以外ではちょっと変わるんでしょうかね。

    ね、ね、続編待ち遠しいです~~♪

    武田 #- | URL
    2016/04/29 00:51 | edit

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ