終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    二本立て  

    プリズナーズ

    『PRISONERS』 2013年 アメリカ

    初見。
    久々のヒューさんとジェイク。こんばんは。(ジェイクはもうほんと安定してるなぁ)
    事前情報ゼロで見始めたら、うわ、こういう話だったのか・・・
    細胞が陰隠滅滅としてるときはちょっとなぁと思いましたが、最後まで見入ってしまいました。

    何にひかれたって、やっぱりあの闇夜かしら。夜目の利かない闇夜。
    思わず目を凝らして、クソっ 見えない!
    そして雨ねぇ。曇天と。
    フロントガラスをたたく雨。やっぱり向こうがよく見えないのだ。
    いろんなものが見えない。判らない。
    焦燥感をじわりじわりと時間をかけて煽り倒すのねぇ。

    宗教観がまたねぇ。ふぅ。信仰心か・・・。
    タイトル通りの登場人物たちは、ひたすら試されているかのよう。
    西洋映画。
    長いんだけれど、この長さがほんとちょうど良かった。


    ヒューさんは、もうロマンティックコメディはやってくれないんだろうか。
    たまには見たいのに…。(まだぜんぜん似合うと思う)


    awayfromher.png

    『AWAY FROM HER』 2006年 カナダ

    こちらも初見。
    あのサラ・ポーリーが監督脚本とのこと。若いのにすごい女性なのね。

    これも見て良かった。
    グラントに対し、時折深いところを突き刺してくる女性たちの矢。
    もちろん致命傷にはならない程度の。彼の意識をハッと目覚めさせる程度の。
    長きにわたり夫婦という形を続けてきた男女の間の複雑な機微。
    彼らに絡む人間たちもそれぞれ興味深い。

    辛い話ではあるけれど、愛の物語でもあり、愛憎の話でもあり、うーん、相当の含蓄あり。

    いいわぁ。すっごく面白かった。
    ラストがまた相当なものだわ、これ。

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ