終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    裏切りのサーカス  




    『Tinker Tailor Soldier Spy』 2011年 イギリス・フランス・ドイツ

    初見。
    うーむ、わかりにくかった・・・(←ほんとに原作読んだのか?)
    のっけ、ジョン・ハートのコントロールが出てきたときは拍手喝采でしたけど。彼ってなんてハンサム!!

    heart

    男たちの着こなしが、ことごとく素敵でした。
    あと、イギリスのお空の重たい灰色が寒々しかった。
    これが大英帝国の、エリートたちの疲弊した心を現しているのかなと思いましたが。
    かつて世界を支配した超大国…。過去の栄光。
    (わかりやすい支配の変遷図。まぁ、植民地側からしたら冗談じゃないて話ですけど)

    原作にがっつりはまり込んでしまったので、ちょっと映画を見るの躊躇しないこともなかったんですけど、やはり読まずに我慢してこちらを先に見ればよかったと後悔しました。
    (同じ監督の『僕のエリ』も原作が先でしたけど、そちらはかえって映画に感激したのですが)
    自分が好きなシーンや台詞、勝手に感じた何かが、映画ではほとんど取り上げられておらず、
    あぁ、この脚本家とは重きを置くとこが違うのね…なんてガックリきたりして。(ほんとに勝手!)
    たとえば、コニーの台詞の削り方。え?あそこ入れないの??大事やん。とびっくり。

    でも、あれだけの緻密でみっちりとした小説を2時間余の映画にするのは大変。
    映画と原作はあくまで別のもの。そう考えて見なくちゃだわ。



    ここのシーンは原作同様、ハラハラどきどき。

    しかし。
    (以下、個人的心の叫び悪しからず

    ひどい。

    ぎょっとした。
    なんなんだ、あのアンは。(おかげで目が覚めた)

    「メリークリスマス、アン」

    ええ!?アンてこのひとが????
    誰かが酔っ払ってパーティに連れてきちゃった街の女のようでは~~Docomo_kao20

    そう思って見るからでしょう。
    スマイリーが彼女を見る目の冷たいこと。
    どうにもメロメロってわけでも疑心暗鬼ってわけでもない、どこかモノを見るような目。(に見えてしまった)
    監督、アンなんてどうでもいいと思ってるのかも。

    さらに。
    ジム・プリドーねぇ…
    あのフクロウはひどいな。
    原作と映画を比べるのは無意味ですけどねぇ。
    子供たちを怯えさせる男なんて。
    原作と人格を変えるのはやめてほしかった。
    (なにしろ、ル・カレにはまって最初に好きになった登場人物はジムなので)

    スマイリーは終始氷のような冷やかさ。この映画ではそういう人なんですね。
    切れ者感ハンパなし。初めから最後までずっと怖い(T_T)

    でも、なんだか…。
    ギラムに「この仕事が終ったら休暇をとれ。しばらく休め」(原作)と心配して声をかけるのではなく、
    「身辺整理しとけ」だもんね。厳しい仕事なのだ、てことを表したいのかしら。
    時代のこともわかるけれど、別にどこぞのスパイとつきあってるわけでもなし、ええんちゃうん?と不思議だったわ。
    だってゲイは普通に出てきたし。原作。(私が好きなのは、インテリ俗物マーティンデイル!)
    じーっと見てたけど、なんでギラムというキャラクターをそう変えたのか結局よくわからなかった。(女を出すのが面倒だっただけ?)
    仕事のあれこれで疲れ切り、40という年齢にも初めて疲れを感じ、さらに風変わりな女との恋愛にも疲れ気味…、そんな青年期最後の彼(よく働く)を、おじさま方は父親のような目で見守ってたんですけど。原作は。

    そういうの、あえて外してあるのよね。人間同士の少しホッとできる交流や労わり。
    台詞でなくても眼差しだけでもいいのにねぇ。
    そんなのセンチメンタルに過ぎるから?
    いや、歳の離れた恋人と仕事のせいで別れるはめになって、一人俯いて涙をこぼすのも十分センチメンタルよね。やっぱり原作と映画の視点は違うんだなあ。

    そして、大事なビル・ヘイドン。
    あのある種フクザツな矛盾の多いエリートをなぜこういう薄い描き方にしたんだろ。
    これでは、サーカス中の誰もが裏切りに気付いていたにもかかわらず無意識に打ち消してしまうほどの、真実が明らかになってもなお憎むのに苦労するという皆が夢中になっていたヘイドンの魅力、カリスマ性、過去の実績、それが消えてしまったあとの卑小さ、抜け殻具合、などなどぜんぜん伝わらないのでは。彼の絶望とか。
    伝えるのはなかなか難しそうですが。
    ちょろっと出てくるヘイドンの絵も見えないしなぁ。手の入れすぎでいじけてだめな作品になっていた、という未完の絵を見たかった。
    あの短い出番では、演じるコリンも困ってしまったんじゃないかしら。

    で、ラスト。

    ふう~。ジムは何に怒って(悲しんで)ああいう行動に出たのか、あれではわからない。(意味合い変えてる?)
    それよりなにより、なんでスマイリーやギラムがあんな得意げな顔してるのかさっぱりわからない。
    やはり、人格が変わってしまってる。
    いくら原作とは別物と言ったって、あの余韻はどこへ~~(T_T)話かわってるやん!!
    (代わりに、エンドロールで流れる曲がいろいろ伝えてくれてる感じがして良かった)
    いや、黙って原作だけ読んどけ!て叱られることばかりグチグチ書いてるのわかってるんですけど。どーも、無意識に比べてしまうんだなァ。あかん。先に原作読むのは極力避けよう。昔からアタマ固いのだ。

    役者さんは好きなひとがたくさん。
    かつてイカレポンチばっかりやってたゲイリー(好き。つきあい長いから変な親しみを勝手に覚える俳優さんのひとりだなぁ)、もう少しニコっとしたり、焦ったり困ったりしてくれてもよかったのに。コワかったわよ。(あのエスタヘイスが怯えてましたやん)


    このベネ坊ちゃん、かっこいい。


    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ