終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    Richard E. Grant  


    『愛と野望のナイル』で、貴族のボンで誠実さに欠ける上に執念深く嫉妬深く、
    よーするに性格の悪いイヤ~な奴をうまく演じていた彼。
    もしかして…とあれこれ怪しくいやらしく匂わせるのもすごくうまい。
    (いやらしいのは私の頭の中か>笑)

    この人どっかで見たわ~、どっかで見たわ~、とずっと思っていたのですけど
    わかりました。
    『広告業界で成功する方法』(89年)の彼だ。
    『カリブの熱い夜』のレイチェル・ウォードも出ていた。
    仕事仕事仕事に追い込まれ、疲労困憊な中で目覚めてしまった良心の呵責にも苦しみ、
    そこで突如現れた人面そオデキに翻弄されるあの彼。
    すれすれのところで踏ん張ろうとする時の彼は妙に男前で、
    目がヒューたん(グラント)と親戚みたいな感じなのよね。(皮肉屋っぽさがかな?)
    オデキにのっとられてからは暑苦しくいやらしい感じがぐっと増していて面白かったなあ。
    出演作品を調べてみたら、けっこう見ている…はずなんだけど気付かなかった。
    久々に『広告業界~』借りてみよーかしら。

    category: あなただけ今晩は

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ