終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    視線のエロス  

    視線のエロス
    『LA FEMME DEFENDUE』
    1997年 フランス


    初見。
    なんだかB級ポルノかしらん?というような変てこな邦題ですが、面白かったです。
    興味本位の、くだらない安っぽい無駄なシーン等一切なしでした。
    頭だけでしてるような恋愛映画というのでもなし。
    ま、39歳の妻子持ちフランソワ(フィリップ・アレル)と、
    22歳の独身女性ミュリエル(イザベル・カレ・・「クリクリのいた夏」のマリー!)の恋愛なんですけれども。
    といって、くだらん!というわけでもない、なかなか真面目な映画でした。

    カメラの視線が、そのままフランソワの視線になっていて、
    お話は二人の会話だけで進むという面白い形。
    男の視線が女を追っているとはいえ、下品ないやらしさなども感じられず。
    女の手を見ている視線など、愛おしさが伝わってくるようだったし。

    彼女はごく真っ当な女の子なのだけど、どうしようもなく惹かれてしまったのよねえ・・男に。
    自分が奥さんの立場なら絶対に不倫なんて嫌であるし許されない・・と思っていたのに、
    罪悪感が次第に恋愛感情に負けてしまうんですねえ。
    惹かれてしまうと、やっぱりこうなってしまうものなのでは。

    男女の気持ちがやけにリアルで、いっそ笑ってしまうほどでした。
    身勝手なズルさもずうずうしさもしたたかさも可愛げも。

    もっとも、家族、特に自分の子供をその程度にしか愛していないような男には
    私は全く興味が持てないけれど。(フランソワ、あほーあほー)
    女の集中力はすごいけど、
    それを保つにためには人それぞれ生理的な線引き、モラルの線引きがありますものねえ。

    ミュリエルの気持ちの動き、行動など全然違和感がなかったのですけど、
    脚本が男というのはどういうことだろう(笑)
    脚本:フィリップ・アレル(兼監督)とエリック・アスス(ぼくセザール 10歳半 1m39cm )

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ