終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    まぼろし  


    『SOUS LE SABLE』
    2001年 フランス














    初見。なんとなく気後れして見そびれていたオゾン監督作品をようやく観賞。

    やけに官能的でした。
    河や海や幹や古木の下のうごめく蟻、ベッドの古いシミや海岸の砂が。
    マリーの眼が見つめる夫の所有物のあれこれが。物音が。

    怖くて美しい話。

    まず生きているときの旦那さんが怖い。
    彼はどこか不健康で、時折疲れた虚ろな眼をするので。
    もしかして自殺だろうか、それとも事故なのだろうか。いや、やはり自殺ではないのか。
    そんな怖さを感じながら進む物語。(薬云々の話が出る前のほうがよほど恐ろしい)
    彼は突然マリーの前から消えた。

    友人たちとの食事。
    黒いドレスのマリーはあでやかで魅力的だけれど、
    笑顔で普通に話しながら突然みんなを凍りつかせる。
    彼ってまさかジャンのこと?彼女、大丈夫なのか? 視線が泳ぎだす友人たち。
    マリーは学生も見ないことにする。「あなたなんか知らないわ」。
    シンクロしていくかのようなヴァージニア・ウルフもなんとなく怖い。
    パスタのゆで方も怖いようなドキドキさせられるものがあったけど、ま、それは関係ないか・・・

    マリーはジャンを愛していた。ジャンの重さを愛していた。
    ジャンに依存していたのかもしれない。
    あのとき一緒に泳ぎにいけばよかった・・・
    計り知れない喪失感と後悔と見たくない気づきたくない何か。
    ジャンはマリーが彼を愛するほど彼女を愛していただろうか?

    マリーを苦しめるものが痛い。
    彼女だけに見える幻影のジャンはちっとも虚ろな眼などしていないのだ。
    苦しみの質が変わってくるのがつらい。私はすてられた?

    沿岸警備のバイトの男の子たちがみんなハンサムなのはオゾン監督らしくて笑える…。

    マリーとは違う視点で永遠にジャンを自分のものにしている義母を目の当たりにして
    突如現実的な行動をおこすマリー。
    「養老院より精神病院に入るべきだったわね」
    「あなたのほうが先に入るわ」
    ああ、オゾン監督。
    グロテスクで意地悪で美しいこと。
    セックスの最中にアハハハと笑いだし、「あなた軽いのよ」というのも相当だわ。
    二度目のときには、ジャンに覗かれているのを感じて満ち足りた表情で微笑んだりするし。

    ラスト、マリーの選択は義母のそれに近い。
    しかし、DNA鑑定の結果を改めて知らされて、ジャンと自分を繋いでいた証明、
    愛の証拠が何一つないこと、彼と自分が赤の他人であることをつきつけられた彼女の心は、
    もっと深く閉ざされた彼女だけの幸せな世界に沈んでいったようにも見えた…
    全然違うのかもしれないけれど少なくとも自分はそう感じた。


    原題は、砂の下で。
    うーん、やっぱり怖くて美しい話。オゾン監督の優しさってちょっと複雑だわ。

    シャーロット・ランプリングの眼差しがこの物語に欠かせないと思いました。
    易々とは同調を許さない青い瞳というのかなあ。
    きれいな、ちょっと独特の眼。
    『マックス、モナムール』をもう一度見たい。

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ