終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    FROST/NIXON (フロスト×ニクソン)  

    20090402103553f5c.jpg

    『FROST/NIXON』 2008年 アメリカ

    ここのところ縁のあるマイケルー・シーン目当てにレンタル。初見。
    残念ながらニクソンはまったく覚えていないため、同時代性感覚がゼロなのがアレですが。

    面白かった!
    フロストが、喰えないオヤジであるニクソンにまったく歯が立たないシーンが!!
    最初かましたと思ったらアッと言う間に形勢逆転、
    その後延々と攻めどころが見つからず丸め込まれるというか煙に巻かれちゃうの。

    俳優さんたち好きな人が多かったし、みんな手堅くいい仕事してはったけど、
    ニクソンを演じるフランク・ランジェラは知らなかった。
    声がいいわ~。

    大事な台詞はサム・ロックウェルががんがん言うてたな。

    「我々の政治制度である民主主義が健全かどうかすべてがそこに懸ってる・・・」
    「テレビのペテン、または第1にして最大の罪は単純化だ。矮小化するんだ。偉大さも難しい思想も時代の断面も全キャリアもただ1コマの映像に集約される・・・」

    せっかく面白かったのに、ひとつだけ(え、そこ??)と違和感を覚えたのは、
    フロストとニクソンの電話シーン。
    そんなこと超越しちゃってるとこにいる人たちじゃないのかな。どうも妙な感じが拭えなかったわ。

    もともと舞台作品とのこと、そちらも面白そう。

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ