終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    1984年のRhapsody in Blue  

    glee 2 最終話を見始めたら、のっけからニューヨーク!そして、流れだすラプソディ・イン・ブルー!!
    うわ~、たまらないシチュエーション。心鷲掴みです。
    あかん、といったんDVD止めました。じっくり見たくなって。


    で、ふと、そもそも初めてこの曲に触れたのは1984年のロス五輪開会式だったわ~と思いだし、
    あの大感動のRhapsody in Blue演奏シーンは今見られるのかしらと探してみたら、
    ありましたありました。嬉しい♪



    いやぁ~(T_T) これこれ。
    数十台(今聞いたら84台と言うてたような)のグランドピアノ演奏がもう圧巻で。
    夏休み、かぶりつきで見て(すごい!すごい!)と打ち震えたんでしたわ。11の時。

    生まれて初めて見た五輪だったこともあり、開会式の一番最初からとにかく目が離せずドキドキわくわく。
    (いまだにこの時の感動を超える開会式はない…^^;個人的に)
    母親には、「アベベが猫田が大古が」とよく聞いていたので、自分も子に「キライにティモンズ、ストブルトリック、ジェフ・ストーク!(はソウルだっけな?)そしてこれがロス五輪のラプソディ・イン・ブルーだ!」とはりきって見せましたわ。
    もちろんジョン・ウィリアムズ御大のテーマ曲も!!(大事)



    はぁ…。これ、夢中になるなというほうが無理だわ。ほんと何から何までかっこよく見えたもんなあ。
    アメリカ、金メダルラッシュだったし。(ソビエトや東欧諸国はけっこうボイコットで出てなかった?のですけど)
    あぁ、カール・ルイス以上に忘れられない体操レットンの力強い太ももの筋肉。

    category: 昭和時間

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ