FC2ブログ

    終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    無題  

    グロリア・ゲイナーの手洗い動画見た(笑)
    I Will Surviveこと恋のサバイバルはいつだって細胞活性化できる最高の一曲だな~



    イスラムガキクbunkajinruigakunoshikohho.jpg


    初読、再読しながら、さて、寝る。


    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    パラサイト 半地下の家族  

    기생충

    『기생충』 2019年 韓国

    初見。
    見終わって、じゃあ、どうしたらよかったのよ…とかなしい気持ちになってしまった(T_T)

    「殺人の追憶」の時のような終始胸倉を掴まれて揺さぶれ引っ叩かれているような衝撃はなかったが、監督作品を見るたびに感じるあの複雑な笑いや恐ろしさや緊張感のあれこれが洗練されていてまいった。
    あと、あの撮影。あの恐ろしい水。
    消毒は「ほえる犬~」でも主人公が浴びてたけど、これも意味がありそう。(ほかにも「ほえる犬~」に似てる部分がたくさん)

    のっけから失礼ぶっこいてくるギウの友人の大学生にムカっ腹がたったんでギウを応援しながら見てたんですけど、彼って、「新感染」こと「釜山行」の野球部少年ではないか!!と気が付いたら、ますます応援せずにはいられなくなっちゃった。
    彼が離れないんですと言ってた石も大学生が置いてった石だけど、あれ紛い物じゃないか。資本主義を象徴してるのか?と思いながら見てたけど、よくわからん。(大学生も紛い物とは知らなかったかもしれん)

    社長一家もなかなか困った一家で、テンションの高い「純粋」な奥さんはなんにでも依存して自分では何も考えない。責任を負いたがらない。
    においにまったく気が付かないのは、同じ人として認識してないからなのでは?と思うほど。そのうえ、なんか軽くヤク中っぽいし。
    社長は、奥さん自身を愛しているかよくわからない。
    娘もなんだか大丈夫か?と見ていたけれど、ギウを救おうと背負って逃げてるのを見てちょっと安心した。人間本来の姿で。
    敏感で幼いのにすでにすべてを知ってるような坊やもかなり心配だったが、家政婦さんとは信頼関係を構築していたようでそこだけはホっとした。でも、それも途絶えてしまったし…(娘とギウの関係も同様)
    人は同じ階層の人間以外とはなかなか信頼関係を築けないという現実はきつい。お互い寄生はできても信頼関係を結べないのは。というより、家族でさえ信頼関係を結ぶのは容易ではないことも多い現実と生活に、そんな余裕があるのかわからない。

    ギテク一家が、もうひとつの家族に時折見せる心配(良心や愛がないまぜになっている)に胸をつかれるが、それももう遅い。
    現代における寄生関係は多層で不安定で暴力的だ。
    色々考え出すと止まらないが、明日も仕事だ。
    じゃあ、自分はどうすればいいのか。それを考え続けることになる映画だと思った。


    役者陣、みな手堅い。
    「母なる証明」でもちょこっと出ていた女優さんは、今ケーブルで見ている「他人は地獄だ」で恐ろしい大家さんをうまーく素敵に演じており、こっちでは家政婦さん!まぁ、こんにちは!!と手を振りたくなった。イ・ジョンウンさんという方だそう。人のいい大らかなおばちゃんに見えて、時々めちゃくちゃ怖いのがいい。何か、安心できない凄みがある。
    低めの声がいいパク・ソダムちゃんは、あの煙草を吸うシーンが良かった~。

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ