終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    ハドソン川の奇跡  

    SULLY.jpg

    『SULLY』 2016年 アメリカ

    めちゃくちゃ面白かった!!(嬉)

    トム・ハンクス、時々苦手なので(主に泣いてるときとか叫んでるときとか)いけるやろか・・・と心配もしていたんですけど、今回は良かったなぁ。これは大好きだわ。

    というか、出てくる役者みんな良かった。ジェフのアッカートも良かったよ~~。おひげなのに。
    調査委員会のバートとスカイラーも、最初、むちゃくちゃ憎らしくてほんとやきもきさせられるのだ。
    「・・・17回です」には、思わず、内心(よっしゃ!ほれみい!)となってしまったのも彼らのおかげ。

    とにかく何がいいって、プロフェッショナルたちが仕事をする姿。人間の姿だ。
    サリーを筆頭に、各自が自分のできることをできるだけ速やかに冷静に確実にこなしていく。これが最高によかった。
    訓練、経験、技術しかないんだなぁという。それがあってこそ初めて可能になる咄嗟の判断。
    身内の元飛行機乗りも、その昔、プロペラ機で何度も何度も胴体着陸のための訓練をしたそうな。
    そしてチームワーク。事象に対しかかわりの出てくるすべての部署の。これはどんな現場にも通じるものだろう。

    結果はわかっていても、「155人全員無事」を待つまでのドキドキが止まらなかった。そしてその瞬間の嬉しさったら!!!

    今年は、自分の持っている能力でもってなんとか危機を乗り越えようとする人間たちの映画にたくさん触れられて幸せだなァ。しかも、いずれも少なくとも表面上はみな淡々と事にあたっている、という描写なのが素晴らしい。

    そうそう、エンドクレジットが流れるなか映った本物のサレンバーガー機長がとてもハンサム!(しかも誕生日が同じとわかり、なお嬉し)
    それと、観に来ている人が、イーストウッドと同い年?と思うようなおじいさんばかりだったのはなぜ。
    うーん、ほんと面白かった。



    スポンサーサイト

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    訃報  

    訃報が飛び込んできてびっくり。

    まぁ、カーティス・ハンソン監督が・・・

    寂しいなァ。

    なんだか、とっても寂しい。

    今夜は急遽バド、ジャック、エドたちと監督を偲ぼう。

    明日はイン・ハー・シューズを…










    category: あなただけ今晩は

    tb: --   cm: 0

    東宝にやられた夏   

    君の名は。

    昨日は、『君の名は。』を観た。 (よく見たら、。が付いてた)
    タイトルを初めて見たときは、ラジオドラマ放送中は銭湯が空になったという伝説を持つ「君の名は」なのかと思って、えらくまぁ、昔のをやるなァと感じたのですが、違いました(^^;

    1954syouchiku.jpg
    (こちらは松竹の映画版。美男美女だ今見ても。絵になるねぇ。メロドラマよねぇ。真知子巻きよねぇ。佐田啓二の前髪パラリよねぇ)

    アニメである、ということ以外は情報を入れずにオットと観に行ったのだが、これが、ど、どうなるの?とハラハラさせられる上に、何度か涙腺決壊の危機に見舞われる油断ならない一品で見入ってしまった。
    転校生みたいな、時をかける少女みたいな、さびしんぼうみたいな、過去を旅した女みたいな、生きている過去、みたいなのが子供のとき好きだった上に、のっけで出てくるたそかれ時。逢う魔が時。百間せんせ!サラサーテの盤!ツィゴイネルワイゼン!なあれが一気に心を掴むので、これはどんな話?!とわくわくしちゃったのだ。

    にしても、シンゴジラといい、これといい、今年の夏は東宝にしてやられっぱなし。
    家族には内緒だけど、シンゴジラなど面白くて三回も見ちゃった。(そのせいか、高速の台詞回しが三回目にはゆったりはっきりきっちり聞き取れるようになってしまって、リスニング力UP!みたいな要るか要らんかわからん効果もみられました)

    どちらの作品もいろいろ感じたことはあるが(突っ込みどころも)、結局自分の脳のどこかに激しく畳み掛けてくる涙腺直結の感情は、2011年の震災の記憶に他ならないなと。
    被災した友人たち、当時の恐ろしいニュース画像、その後の日本、あれから経験した数名の知り合いや身内の死。その後も続くさまざまな災害や、喜びや哀しみが繰り返される日常。
    それらがオーバーラップして、どちらの作品も、涙無しには到底見られるものではないというシーンがいくつもあったのだった。(シンゴジラのほうは、3回目は初回よりさらに涙が滲む始末であった)
    悲しくて、というより、あのときのショックが脳にダイレクトに甦る感じ。

    君の名は。は、ちなみに、使われている音楽でニヶ所ほど、悪いけどちょっとそこは黙ってくれないかな、台詞を静かにきかせてくれないかな、と感じてしまうとこがあった。インストゥルメンタルじゃだめなのかしらと。
    映像は素晴らしく、美しく、声を当ててるひとたちもとてもうまかった。(エンドクレジット見ながら、えー!と驚いた)
    ラストは現実への鎮魂をこめてああしたのかしらと思った。死者と生者両方への。
    どちらの映画もラストをああしたことで、かえって現実を突きつけられることになっているという部分でも共通していたかと個人的には強く感じた。

    生まれてきたからにはいつか死ぬ、しかし、それは、突然やって来る、運の良し悪しも自分じゃどうにもならんという当たり前の現実とともに、死者に祈りを捧げながらあくまでも逞しく自分自身が生きていかないといかん。他者には優しくな~。あと、喜八監督ぽいカラリとした精神で。とあらためて確認した夏でした。


    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。