終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    ダルジール警視  

    pc.jpg

    仕事がたて込んでたのと阪神やテニス(ありがとうガオラ)を見るので忙しかったのと、突如始めた久々のダルジール警視シリーズ再読祭のおかげで1か月余もPCを開かずネットのニュースからも遠ざかっていたら、怖ろしい数のメールがたまっていて、あ、頭が痛い・・・

    ようやく整理をつけて一息ついていたら、今度はこのニュース!!

    これ。

    えええ…知らなかったワ・・・・(T_T) (そりゃそーだ)
    この1か月心はすっかりヨークシャーにとびっぱなしだったのに。(他の本は読んでない^^;あ、そうそう、「病理医クワーク」というガブリエル・バーン主演のアイルランドが舞台のドラマはみたわ。これがまた、バーン氏は昔変わらずとってもセクシーで素敵なんだけれど、話の内容が・・・暗い・・・・。どっ暗い・・・・。落ち込む。クワークも人間的に問題ありありの男でなぁ・・・。体力消耗型ドラマでした)

    原作との出会いが先だったので、ドラマのダルジール警視やパスコー警部たちとはまたちょっと違うイメージが頭のなかにあるけれど、ドラマはドラマで好きだったからなァ・・・
    ウォーレン・クラークのダルジール警視、良かったよ~(ニカーっと笑う顔と、フンっ アホか て顔で人を見る目が好き)
    ほんとはダルジールではなく、「ディーエル」と発音する(ただし、原作のなかでもなかなか初対面で正しく発音する人はいない)という、あの本物の「Dalziel」が聞けたのも嬉しかったし、ウィールド部長刑事が感じのいい素敵な話し方と声の俳優さんで大好きだったんだわ。でもまずは警視がいないと話にならない。

    ウォーレン・クラークは「時計仕掛けのオレンジ」にも出てたらしいけど、あの映画、大昔、途中で挫折して以来見てなくて恥ずかしながら覚えてないなァ。
    というわけで、「ダルジール警視」がいなくなってしまった感じ。
    レジナルド・ヒルが亡くなられたときもそうだったけれど。
    同じBBCの「ジョージ・ジェントリー」での元軍人の大学の守衛さん役もめちゃくちゃ良かったなぁ。
    この記事ではリチャード・E・グラント様も追悼の言葉を寄せていて、しみじみと天国に手を振りたい気分・・・

    あのドラマのテーマソングを反芻しつつ、もうしばらく原作再読祭を続行。
    スポンサーサイト

    category: あなただけ今晩は

    tb: --   cm: 0

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。