終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    トム・ジョーンズ  




    『The History of Tom Jones, a Foundling』 1997年 イギリス

    BBCのミニシリーズ。もちろんダーシーさん目当てで鑑賞しました♪初見。

    衣装やロケ地が見応えたっぷりでした。
    一種の貴種流離譚かなと。18世紀の英国文学の世界。
    独特のユーモアと風刺がいっぱいでしたわ。
    まぁ人々のしたたかなことといったら。(引くほどしたたか)
    なんでもまずは、お金。くれなきゃなんにも教えてあげないよ、が徹底しすぎてて苦笑。買収は当たり前。
    完全無欠の善人なんて出てこないところが可笑しい。庶民も逞しいです。
    貴族、上流階級ばかりでなく、あらゆる階層、あらゆる職業の男女が入り乱れての壮大な物語でした。

    サマーセットシャーの大地主オールワージーがロンドンから戻った夜、彼のベッドに見知らぬ赤ん坊が寝かされていた。自身の子のない地主は、赤ん坊をトム・ジョーンズと名付け養育する。天真爛漫で女の子が大好きなトムはすくすくと成長し、さまざまなトラブルに巻き込まれるものの、その正直で明るく優しい性格がみなから愛されるのであった。隣家のソフィアとは相思相愛だが、捨て子であるトムとの仲は周囲からは許されるものではない。やがて、オールワージー家に住み込む家庭教師や地主の甥の策略によってトムは家を追い出されることになる。彼を待ち受ける運命、ソフィアとの恋の行方、そして彼の出生の秘密とは…!!

    てな感じなのですが。あらすじをものすごく端折ると。




    いやぁ、登場人物たちがなかなかのハイテンションで、連続視聴は体力勝負でございました。
    ソフィアはサマンサ・モートン!!(わたし、『CODE46』以来かも)
    主人公のトムが女性によくモテるんですけど、彼も女好きなのでなんだかもう…^^;好青年ですけども。

    お話はお話として、ダーシーさんが演じる地主の甥ブリフィル青年は、
    客観的にみてちょっと悲惨すぎると思いましたわ。(お目当てゆえの贔屓目とかでなく)
    生まれ落ちたときから、誰ひとり彼を愛する人がいないなんて!!
    実の母親までも彼を赤ん坊の時から拒否して抱かないのです。(旦那への恨みを子に向けてしまう)
    トムと一緒に育てられたにもかかわらず、欲の権化のおっさんふたりに養育されたので
    本物の愛情はまったく知らぬまま。(おチビちゃんのときでさえ手も握ってもらえないのよ~)
    おかげで性格が暗く冷たくねじれてしまって、いよいよ誰からも愛されないという。ひどい。
    地主氏もできた人間なのに、甥っこの環境、もう少しなんとかしたってくれよという感じ。




    若いダーシーさんのブリフィルはこんなんで、おっとり上品。
    あんな陰気な男に嫁ぐなら死んだ方がまし、とかさんざん女性からも嫌われるんですけど、
    どう見ても彼が一番可哀想やん!!と同情してしまってなんだかなでございました^^;

    ラスト、彼は泣き崩れて許しを請うのですけどやっぱり誰も助けない!!
    情状酌量一切なし。更生の機会ゼロですか~??
    結局そのまま雨の中、ひとり寂しく育った生家を肩を落として出て行くダーシーさん。
    か、可哀想すぎる…(T_T)
    いやいや、一度も可愛がられたことのない彼の生い立ちをよく考えてみてよ伯父さん!!
    そもそもあなたの見る目がないから甥っ子がこんなことになったんちゃうの~~???
    釈然としないままハッピーエンドで幕を下ろす物語。
    むぅ…。5エピソードもあって、一度も誰からも愛されないって…(T_T)





    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

      



    楽しそう



    トリみどりさんに教えていただいた情報で、浮かれているワタシ。

    このお二人さんは、インタビューを見て受ける印象そのまんまだったのね~。

    長きにわたってご活躍してほしいお二人でございます。

    そして、ダーシーさんはやっぱりいい男だったんだわ(嬉)へっへ~♪





    楽しそう





    楽しそう



    マドンナもスカーレット嬢もレイチェル・ハード=ウッドも楽しそうだったなァ。監督もなァ。

     



     

    category: lovestruck

    tb: 0   cm: 0

    ホワイトハウス・ダウン  




    『WHITE HOUSE DOWN』 2013年 アメリカ

    ビバ娯楽大作!!(嬉)

    すかっとしたくて借りました。初見。
    わはは。これ、エメリッヒ監督作品でしたわ。
    B級娯楽大作に徹したアメリカらしさが安定している一本でした。

    大統領の護衛官になりたくて面接を受けにきた従軍経験ありの議会警官が主人公。
    手ごたえなさげな面接の後娘とホワイトハウス見学ツアーに参加するも、武装集団の襲撃に遭遇、お手洗いに行っていてはぐれたままの娘とテロリストが狙う大統領の両方を守るために、さて、彼はどうする?というお話。

    なにがいいって、主人公がうだうだ悩まないところ。
    行動が早いです。持ってるスキルを全部?使って、その場その場で判断してさっさと動く。
    だってそうしないと娘の命が救えないんですもん。
    話のテンポも速いし、変なタメもないし、主要人物は不死身で逞しい!(王道だわねぇ。たまにこういうの見たい)


    不死身のふたり

    「マジック・マイク」で身体能力の高さが傑出していたチャニング・テイタムは、この役ぴったり。
    ぜんぜん11歳の娘がいる父親には見えませんが、いいのいいの。
    彼のアホっぽくない肉体(鍛えればいいってもんでもないからなァ)は、何があっても死にそうにないパワフルさとシャープな動きに抜群の説得力と安心感を与えてるし、なんだろう、「マジック~」の時も思ったけど、彼はなーんか陽性な感じがするので見ててイヤな感じがぜんぜんしなくて。
    彼と協力体制にあるマギー・ギレンホール(久しぶり♪)もとっても良かった。
    大統領はジェイミー・フォックス。(顔が好き)
    そしてそして、大事な役が15の頃大好きだったジェームズ・ウッズ!!(ワンス・アポン・ア・タイム・インアメリカでイカレたのだ)さすがにだいぶお年を召されたな…と思いましたけど、やっぱり好き。

    派手でむちゃくちゃだけどスカっとする演出と、(…)となるちょっと変なノリと、娘~!!と必死になって戻ってくる父親。お目当てどおりすっきりしました。満足~。



    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

      




    ゴールデングローブ授賞式でもっとも美しかったのはやはりケイト・ブランシェットでした。

    あのきれいな背中みて!!やさしい目を見て!!と子はうっとり。







    美しいわぁ。







    いつ見ても。(これはいつのかわかりませんが)






    category: あなただけ今晩は

    tb: --   cm: 0

    モーガン!!  

    Jonathanの出てるドラマがそろそろあちらで放映かな?
    男だらけだわねやっぱり…^^;
    まずは評判がいいといいなァ。そして、長く続くといいのに。(そして日本でもやってほしい)
    あとJonathan、あまりむきむきにはならないで~。(余計なお世話か)
    とりあえず、『FROZEN』で声を聴けるのを楽しみにしとこ♪

    ケーブルでは「クリミナル・マインズ」集中月間をやってくれてるおかげで
    毎日のようにメンバーを見ているので、どのひともこのひとも大好きになってしまった。
    誰が欠けてもやだよ、という感じ。毎日見ててもぜんぜん飽きないし。
    誰かのピンチのたびに前のめりになって咆哮する我が家。


    見始めたときは(とっつきにくい?)と思った彼が一番のお気に入りに♪


    category: あなただけ今晩は

    tb: --   cm: 0

    エドワードⅡ  





    ジョセフ・ファインズとダーシーさんが昔 EdwardⅡの舞台をやったと知り↑(見たかった~)
    どんな話?と思って原作戯曲を読もうと探してみたんですけど 簡単には見つからなかったので
    先に映画化作品を借りました。

    初見。




    『EdwardⅡ』 1991年 イギリス、日本

    難しそう…と学生時代に恐れをなして見ないままきた1本のひとつ。
    ジャーマン監督作品に触れるのはこれで2本目。
    1本目は『ジュビリー/聖なる年』で、あれは色褪せない文学という感じが良かったのですけど、
    今回も、ビビらずに当時スクリーンで見とけばよかったと思いました。面白かった。

    「なぜみなが嫌う者を愛する?」

    いろんな人がエドワード2世にそう尋ねるのですけど。
    そりゃあ、ガヴェストンが魅力的だからに決まってる~。
    野卑で下品?むしろ一番生き生きして正直で輝いてるように見えたし。
    ずらりと並んだ聖職者たち全員(!)に唾を吐きかけられ追いだされながら、彼は堂々としておりました。
    マイノリティよ、誇り高く生きるべし。という監督の思いが込められてるようでしたわ。
    どちらが美しいかよーく見よ、という。(それともあの演出は戯曲にあるものなのだろーか)

    台詞の端々に皮肉が感じられるのは、きっと作者マーロウ自身の反体制気質の現れ。
    ガヴェストンがいきいきしてるのは、そんなマーロウの魂ががっつり吹き込まれてるからに違いない。
    ガヴェストンとエドワードの二人の間にだけ下衆根性が一切介入することがないので、二人が一緒の時はやけにチャーミングなのでした。
    なぶり殺しにされる最後の最後まで屈しないガヴェストンはあっぱれでした。





    愛するひとに愛されず静かに憎悪をたぎらせる王妃役のティルダ・スウィントンは美神のごとき輝き。
    義弟の頸動脈に食いつく姿もエレガント。
    もっとしたたかで怖ろしい王妃だったのではないかと想像するけれど。

    「忌々しい運命め!」というモーティマーの最期の台詞は、脚本通りなのか脚色なのか。
    エドワードのそれはどうなのか、やはりマーロウの原作を探して見なくちゃ。

    「だが これだけはわかる。死はすべての終わり。死ねるのは一度きり。
    死よ 来たれ。お前の指で 目を閉じてくれ。生き永らえるなら 我を忘れさせてくれ 」

    ほんとにねぇ。


    サー・イアンのEdwardⅡ発見。凄い!!

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    マジック・マイク  




    『MAGIC MIKE』 2012年 アメリカ

    初見。

    マコノヘーさん、ボンゴ持って出てきた♪

    男のストリップなんてなんだか笑っちゃうんじゃないかなァと思いながら、
    そして、スチール写真で見たチャニング・テイタムさんの良さがいまひとつよくわからないぞ?
    と思いながら見始めたんですけど。

    いやいやいや、チャニングさん人気なのわかりました!!
    見惚れるダンサーですの。すごいかっこいい。身体能力高~。体幹がビシっとしてて動きがきれい。
    ダンサーです、ダンサー。なーんか明るくて清潔感もあるし。

    お話は、ちょっと懐かしい感じもする王道青春ものでもあるような。
    それにしても、しばらく見ぬうちにマコノヘーさんはどんどん面白い役者になっておられて♪
    ラスト近くの見せ場、良かったわ~。一緒ににこにこしながら拍手喝采でした。

    昔からどちらかというとミスター・ピンクみたいな体型の人のほうが好きだし、
    脱いだら一番はマックィーンだし、




    嫁にいきたいのはダーシーさんですが、
    この映画の役者さんたち、みなさんほんとにお疲れ様でした。ブラボー。と思いました。
    職場でぎっくり腰になってる人がいるせいか、男性陣の腰が妙に心配だった…


    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    ボンゴを叩け  

    ケーブルでゴールデングローブの授賞式をやってくれてました。

    マコノヘーさんが男優賞!!!

    思わず、子に彼の経歴を長々説明してしまいました。

    好感度倍増?したみたいで良かったわ(#^^#)



    マットはいけると思ったのに残念でした。

    『SHAMEシェイム』のマックィーン監督による『12 Years a Slave』は作品賞。

    ほか、プレゼンターしていたケビン・ベーコンが相変わらずかっこよかった。

    そうそう、『FROZEN』も受賞♪


    category: あなただけ今晩は

    tb: --   cm: 0

    レプリカ  




    あれ?ダーシーさんどうやら75年生だったようです。(やった♪これで歳の差も誤差程度になったワ)
    しかも、本名はサイモン・ダーシーて。
    いままでサイモンといえば、サイモン・ル・ボンが一番に思い浮かんでおりましたけど順番変わりました。




    『IN THEIR SKIN』 2012年 カナダ

    というわけで、初見。
    14本目の集中鑑賞、今度はスリラー…
    インタビューでは素敵だったダーシーさん、本編じゃ見てる方が涙目になるイカレたおっさん役をご好演でした。

    こんなん(T_T)



    も、おっさんたら厚かましくて無礼でイライラさせてくれる上に、奇妙なテンションが不気味で気持ち悪くてすごく怖い。連れてる女性も何を考えてるのかよくわからない妙なのん気さと、頭がちょっとヨワイのかな?という感じのぽやーんとした笑顔と子供のような素直さがひたすら怖い。背の高い歯の大きい可愛い顔の男の子も、瞬間的に常軌を逸しちゃう感じと優しげな笑みが怖い。

    そんなサイコ一家が、じわーりじわーりと人のいい、というか、ついそう振る舞ってしまう常識人一家、訳あって疲れている一家を追いつめていくシーンがたまらんしんどいのです…(T_T)
    話が通じない、会話がまったくかみ合わないことほど怖いことはないもんなァ。まともな方ばかりが気を遣って。話を聞けばきくほど、その行動を見れば見るほど(この人たちやっぱりヤバイ…頭おかしい)と気付く主人公一家の気持ちになるので逃げ出したくなっちゃう。でも、すでに家のなかに入れちゃってるし。最初からおかしかったのに、まともさを発揮したばかりに巻き込まれる悲劇。うへぇ…(T_T)

    2012年は、ダーシーさん、「ヒッチコック」で(アンソニー・パーキンスというより)ノーマン・ベイツの繊細さを的確に演じ、「クラウド・アトラス」で優しく思慮深い(きっと心配性の)ルーファス・シックススミスを演じていたのに、まさかこんな背筋の凍るサイコ野郎まで完璧にこなしていたとは嬉しすぎて悶絶だわ…(T_T)(T_T)


    仕事熱心。

    常はノーブルな男性役が普通によく似合うダーシーさんなのに、今回はそんなとこつゆとも見せず。
    いきなり食卓でガバーっと半裸になってくれても、(あら♪)どころでなく、(あかん…この人ほんとにあかん…)とゾーっとするだけ(T_T) ま、肩や腕は男らしくてすてきなんですけど、主人公一家のパパが筋骨隆々タイプではないのでかえって危機感をあおるばかりでまったく喜べん!!(T_T)
    質問攻めにしながらヒタヒタと主人公一家になり替わろうとする前半のサイコぶりは、何かたちの悪いウイルスのようなエイリアンのような感じも。(後半は人間くさくなる)
    映画の間じゅう、一緒に気を遣ってほとほと疲れました。
    笑っても怒っても立ってるだけでもキモチワルイなんて、ダーシーさん…(涙)お若い頃からけっこう変な人の役が多いとは思ってましたけど、これほどの変人は初では~。ま、いろいろ見られて嬉しいけど♪

    ちなみにダーシーさんなので、やっぱり詰めの甘さが残る男でして、おかげで問題を抱えていた主人公一家は互いの愛情と信頼を再び取り戻しておりました^^;よかったよかった…
    「根無し草か」と言われてキレるところだけ、転勤族の子として自分の故郷がどこなのかぜんぜんわからない自分はなんとなく犯人が可哀想な気分にならぬこともなかったかな。キレることないのに…とは思うけど。
    (この男のサイコっぷり、悪意によるものではないところが人間くさいの^^;)
    ダーシーさん、幸せになる役が少ないのがファンとしては気になるところ。そんなことには興味ないのかしら。



    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

    ゼロ・グラヴィティ  




    『GRAVITY』 2013年 アメリカ

    初見。(初3D、酔わなくて一安心…)

    漆黒の宇宙空間に放りだされるシーンで底知れぬ恐怖に慄いた「2001年宇宙の旅」とは、またぜんぜん別の感覚が続く映画でした。
    あのときは、無重力で酸素なし無音の宇宙に独り、という怖ろしさが怒涛の勢いで脳内いっぱいになりましたけど、今回はむしろ、宇宙での変わったカメラワークが面白かった。技術力にいたっては、もう想像できる範疇を超えてるからなァ。

    そして、スピーチしてるときはあんなにかっこいいのに、なぜ演技となるといつも胡散くさいのよジョージ。と思ってしまう自分の脳機能に敗北しました。(ごめんなさいねほんとにジョージ。男前でいい声なのになんでやろ?)

    サンドラの肉体美はさすがでした。よく鍛えていて美しかった。
    彼女の娘の話は涙が出そうになりましたけども。
    それでも還る!という説得力のある、地球の重力を力強く受け止める美しき太もも。





    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ