終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    トム・ジョーンズ  




    『The History of Tom Jones, a Foundling』 1997年 イギリス

    BBCのミニシリーズ。もちろんダーシーさん目当てで鑑賞しました♪初見。

    衣装やロケ地が見応えたっぷりでした。
    一種の貴種流離譚かなと。18世紀の英国文学の世界。
    独特のユーモアと風刺がいっぱいでしたわ。
    まぁ人々のしたたかなことといったら。(引くほどしたたか)
    なんでもまずは、お金。くれなきゃなんにも教えてあげないよ、が徹底しすぎてて苦笑。買収は当たり前。
    完全無欠の善人なんて出てこないところが可笑しい。庶民も逞しいです。
    貴族、上流階級ばかりでなく、あらゆる階層、あらゆる職業の男女が入り乱れての壮大な物語でした。

    サマーセットシャーの大地主オールワージーがロンドンから戻った夜、彼のベッドに見知らぬ赤ん坊が寝かされていた。自身の子のない地主は、赤ん坊をトム・ジョーンズと名付け養育する。天真爛漫で女の子が大好きなトムはすくすくと成長し、さまざまなトラブルに巻き込まれるものの、その正直で明るく優しい性格がみなから愛されるのであった。隣家のソフィアとは相思相愛だが、捨て子であるトムとの仲は周囲からは許されるものではない。やがて、オールワージー家に住み込む家庭教師や地主の甥の策略によってトムは家を追い出されることになる。彼を待ち受ける運命、ソフィアとの恋の行方、そして彼の出生の秘密とは…!!

    てな感じなのですが。あらすじをものすごく端折ると。




    いやぁ、登場人物たちがなかなかのハイテンションで、連続視聴は体力勝負でございました。
    ソフィアはサマンサ・モートン!!(わたし、『CODE46』以来かも)
    主人公のトムが女性によくモテるんですけど、彼も女好きなのでなんだかもう…^^;好青年ですけども。

    お話はお話として、ダーシーさんが演じる地主の甥ブリフィル青年は、
    客観的にみてちょっと悲惨すぎると思いましたわ。(お目当てゆえの贔屓目とかでなく)
    生まれ落ちたときから、誰ひとり彼を愛する人がいないなんて!!
    実の母親までも彼を赤ん坊の時から拒否して抱かないのです。(旦那への恨みを子に向けてしまう)
    トムと一緒に育てられたにもかかわらず、欲の権化のおっさんふたりに養育されたので
    本物の愛情はまったく知らぬまま。(おチビちゃんのときでさえ手も握ってもらえないのよ~)
    おかげで性格が暗く冷たくねじれてしまって、いよいよ誰からも愛されないという。ひどい。
    地主氏もできた人間なのに、甥っこの環境、もう少しなんとかしたってくれよという感じ。




    若いダーシーさんのブリフィルはこんなんで、おっとり上品。
    あんな陰気な男に嫁ぐなら死んだ方がまし、とかさんざん女性からも嫌われるんですけど、
    どう見ても彼が一番可哀想やん!!と同情してしまってなんだかなでございました^^;

    ラスト、彼は泣き崩れて許しを請うのですけどやっぱり誰も助けない!!
    情状酌量一切なし。更生の機会ゼロですか~??
    結局そのまま雨の中、ひとり寂しく育った生家を肩を落として出て行くダーシーさん。
    か、可哀想すぎる…(T_T)
    いやいや、一度も可愛がられたことのない彼の生い立ちをよく考えてみてよ伯父さん!!
    そもそもあなたの見る目がないから甥っ子がこんなことになったんちゃうの~~???
    釈然としないままハッピーエンドで幕を下ろす物語。
    むぅ…。5エピソードもあって、一度も誰からも愛されないって…(T_T)





    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

      



    楽しそう



    トリみどりさんに教えていただいた情報で、浮かれているワタシ。

    このお二人さんは、インタビューを見て受ける印象そのまんまだったのね~。

    長きにわたってご活躍してほしいお二人でございます。

    そして、ダーシーさんはやっぱりいい男だったんだわ(嬉)へっへ~♪





    楽しそう





    楽しそう



    マドンナもスカーレット嬢もレイチェル・ハード=ウッドも楽しそうだったなァ。監督もなァ。

     



     

    category: lovestruck

    tb: 0   cm: 0

    レプリカ  




    あれ?ダーシーさんどうやら75年生だったようです。(やった♪これで歳の差も誤差程度になったワ)
    しかも、本名はサイモン・ダーシーて。
    いままでサイモンといえば、サイモン・ル・ボンが一番に思い浮かんでおりましたけど順番変わりました。




    『IN THEIR SKIN』 2012年 カナダ

    というわけで、初見。
    14本目の集中鑑賞、今度はスリラー…
    インタビューでは素敵だったダーシーさん、本編じゃ見てる方が涙目になるイカレたおっさん役をご好演でした。

    こんなん(T_T)



    も、おっさんたら厚かましくて無礼でイライラさせてくれる上に、奇妙なテンションが不気味で気持ち悪くてすごく怖い。連れてる女性も何を考えてるのかよくわからない妙なのん気さと、頭がちょっとヨワイのかな?という感じのぽやーんとした笑顔と子供のような素直さがひたすら怖い。背の高い歯の大きい可愛い顔の男の子も、瞬間的に常軌を逸しちゃう感じと優しげな笑みが怖い。

    そんなサイコ一家が、じわーりじわーりと人のいい、というか、ついそう振る舞ってしまう常識人一家、訳あって疲れている一家を追いつめていくシーンがたまらんしんどいのです…(T_T)
    話が通じない、会話がまったくかみ合わないことほど怖いことはないもんなァ。まともな方ばかりが気を遣って。話を聞けばきくほど、その行動を見れば見るほど(この人たちやっぱりヤバイ…頭おかしい)と気付く主人公一家の気持ちになるので逃げ出したくなっちゃう。でも、すでに家のなかに入れちゃってるし。最初からおかしかったのに、まともさを発揮したばかりに巻き込まれる悲劇。うへぇ…(T_T)

    2012年は、ダーシーさん、「ヒッチコック」で(アンソニー・パーキンスというより)ノーマン・ベイツの繊細さを的確に演じ、「クラウド・アトラス」で優しく思慮深い(きっと心配性の)ルーファス・シックススミスを演じていたのに、まさかこんな背筋の凍るサイコ野郎まで完璧にこなしていたとは嬉しすぎて悶絶だわ…(T_T)(T_T)


    仕事熱心。

    常はノーブルな男性役が普通によく似合うダーシーさんなのに、今回はそんなとこつゆとも見せず。
    いきなり食卓でガバーっと半裸になってくれても、(あら♪)どころでなく、(あかん…この人ほんとにあかん…)とゾーっとするだけ(T_T) ま、肩や腕は男らしくてすてきなんですけど、主人公一家のパパが筋骨隆々タイプではないのでかえって危機感をあおるばかりでまったく喜べん!!(T_T)
    質問攻めにしながらヒタヒタと主人公一家になり替わろうとする前半のサイコぶりは、何かたちの悪いウイルスのようなエイリアンのような感じも。(後半は人間くさくなる)
    映画の間じゅう、一緒に気を遣ってほとほと疲れました。
    笑っても怒っても立ってるだけでもキモチワルイなんて、ダーシーさん…(涙)お若い頃からけっこう変な人の役が多いとは思ってましたけど、これほどの変人は初では~。ま、いろいろ見られて嬉しいけど♪

    ちなみにダーシーさんなので、やっぱり詰めの甘さが残る男でして、おかげで問題を抱えていた主人公一家は互いの愛情と信頼を再び取り戻しておりました^^;よかったよかった…
    「根無し草か」と言われてキレるところだけ、転勤族の子として自分の故郷がどこなのかぜんぜんわからない自分はなんとなく犯人が可哀想な気分にならぬこともなかったかな。キレることないのに…とは思うけど。
    (この男のサイコっぷり、悪意によるものではないところが人間くさいの^^;)
    ダーシーさん、幸せになる役が少ないのがファンとしては気になるところ。そんなことには興味ないのかしら。



    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

    1916①  

    お正月休みラストは、「クリミナル・マインズ」一挙放送鑑賞で1日が終ってしまったけど面白かった~。(涙涙の話もあり)
    楽しみにしていた『マンスフィールド・パーク』(2007英TV映画)は、3度挑戦して3度とも寝てしまったので自分向きじゃなかったか…ということで一旦返却。残念。




    『ザ・トレンチ 塹壕』は再見。
    99年イギリス作品。2006年、ダニボン目当てで初鑑賞
    今回も、やはり物語を締めていたのはダニエル・クレイグの軍曹。
    文学青年らしき中尉もお久しぶり。全体的な感想も変わらず。
    自分があの状況に置かれたらビビりまくってまったく役に立たないな、親、妻子にしたらたまらんな、敵憎しと思ったら自分だって何をするかわからんな、とも。(だから戦争はあかんのだ)

    非常時は、集団の秩序を確立する手腕と共に、なにより部下の命を第一に考える冷静な上司こそが必須だなァ。





    のっけに出てくるキリアン・マーフィはやはり目立つし、ウィショー君もかなり目立つと再確認。
    (ウィショー君のあの膝のつき方!!)
    何処に出てたっけ?と思ったダーシーさんは、あら、なかなか台詞の多い役どころでした。
    たぶんほんの少しだけみんなより年上で状況が見えてしまい怒りながら恐怖と戦っている青年。
    自国の上層部より、敵であるドイツ兵の青年にシンパシーを感じて言葉を交わしたり。


    「高みの見物かよ!」


    という精一杯の抵抗ともいえる台詞も彼のダヴェントリーが言ってました。
    そんなこと言われて「キサマダマランカ!」と青筋立てるでなく、「そうだ。前線で戦うのは私じゃなくお前だからな」としれっと言い放つ上層部と、その太鼓持ちこそ本当の敵、と拳が固くなる展開。始める奴送り込む奴の世界共通認識。


    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ