終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    名探偵ポワロ 青列車の秘密  




    『POIROT: THE MYSTERY OF THE BLUE TRAIN』 2005年 イギリス

    初見。集中視聴のしすぎで「ストーカー?」と友人に言われたアホな私を見かねての天の采配か、
    クリスマス深夜、CATVでダーシーさんの出ているポワロが放送されました。
    素晴らしいXmas present~~(T_T)も、私のためとしか思えません~~(T_T)(T_T)
    他にも午後から翌朝までずーっとジョージ・ジェントリーの一挙放送をやっていたようだし、
    今年はほんとケーブル様々な一年でした。
    実際、ちょっと飛ばしすぎですけど、何が起こるかわからないので見られるときに見ておくのが一番かと。




    ブルー・トレイン車中で起こった殺人事件。被害者は、アメリカの大富豪ルーファスの娘ルースだった。殺された彼女が金庫にしまっていたルビーも同時に消えていることがわかり、乗り合わせたポワロは地元警察と共に乗客の取り調べを開始するが…


    原作は未読。一時帰省の新幹線の友にしよーかしら。

    かれこれ3年ほど前に見た同シリーズの「葬儀を終えて」は、ファスベンダーさんが全編にわたり素敵すぎな一品でしたが、こちらも、41分くらいまでダーシーさんしっかりと王子でした。正統派じゃないけれど。
    自分的には、最終的にモンタギュー(@炎のランナー)が王子だった気が。ニコラス・ファレル、なんて渋い素敵な男性になっておられるのかとびっくりでした。お久しぶりです。
    もちろんポワロもとっても素敵。
    突然階級社会の上層に放り込まれて茫然としている 若く美しい素朴な女性のエスコートをそっと買って出ますの♪
    あんなおじさまと列車で旅したら楽しいだろうな。いやらしさがなくて、チャーミングで。別れ際のあの眼差し!デヴィッド・スーシェは素晴らしい。
    残念だったのは、「葬儀~」同様、ヘイスティングスがいなかったことでしょーか。


    毎度のことながら、当時の再現の仕方、調度品や衣装、そしてなにより青列車の映し方が美しかった。




    役者さん、みんな良かったです。
    富豪がなんとエリオット・グールド!相変わらずかっこいい。
    彼の秘書ナイトン少佐が、これまた色気と渋みが増してるニコラス・ファレル。かっこいい。
    富豪が蝶よ花よと育てたのね~とわかる美しく気ままな娘ルースがジェイミー・マーレイ。
    ポワロが気にかける素朴な娘キャサリンの遺産を狙う従姉のタンプリン夫人をリンゼイ・ダンカン。
    他、ルースのメイド、ルースの愛人、富豪の愛人に、富豪の妻、タンプリン夫人の若い夫と娘(この二人、アホだけど面白い)などが絡みながら、おお、そうくるか、な展開となっておりました。
    ちょっと後半失速気味な部分もありましたけど、役者さんの魅力で面白く見ました。




    ダーシーさんは、義父と妻に疎んじられ離婚を迫られている、というエリオット・グールドの娘婿役。
    ギャンブルでお金はないし、妻は愛人作って楽しくやってるしで、やさぐれ気味なんですけど、たぶんもともとはいいとこの優しい坊ちゃんに違いない!という感じ。(欲目だろか>笑)
    成金父に金目当ての結婚とか馬鹿にされてるうちに荒んだんだわ!と思える婿さんの苦しみが滲み出ておりました。
    さらに、あれ?うまくいってない妻のことが好きで好きで仕方ないのね!!自分を顧みないファザコンの妻を心底愛してるのね!!そこまで好きか!!とすぐわかるので、義父や妻に「金のために付きまとってくる迷惑な男」としか思われていないのが可哀想で。しょーもない男に騙されている妻が困らないように二人を監視していた、というのがまたなんとも。(やっぱり王子は黙って愛を注ぐのね~)
    妻の遺体を見たときの表情、とっても良かったわ。
    41分以降は、あかん!このままだと一番に婿さんが疑われてしまう!!とダーシーさんが心配で心配で。
    何食べてもぜんぜん味がわからなかったろうな~と思うほど、煙草を終始スッパーしている役でお疲れ様でした。

    今年は、ユアンで始まりダーシーさんで終るという一年になりましたけど、いやぁ、良かった良かった。




    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

    フラッシュバック  




    『Flashbacks of a Fool』 2008年 イギリス



    初見。「007慰めの報酬」と同年のダニボン主演作品。

    あらら、劇場未公開だったのか。なぜだ。

    ボンドもやればこういうのもやるダニボンがやっぱり好きですわ。

    その演出はちょっとこっ恥ずかしいかも、という部分も少しだけありましたけど、

    ほろ苦さと温かさの塩梅がちょうどいいドラマでした。ある男の再生物語。



    ダニボン扮するジョーは、成功したイギリス出身のハリウッドスター。

    ただし、落ち目で生活もわかりやすく荒んで駄目男になっちゃって、行き詰まりぼろぼろの様子。

    心は空虚だし、年齢もたぶん四十を過ぎてガタがきていてとにかく心身共に疲れ切っているのです。

    その疲れ具合が妙に(わかるわ~…)とシンパシー感じるそれで、なんだか入り込んでしまったワ~。

    (ほんと最近疲れるし。昔の疲れと質が違うこのなんともいえなさ。いかん、運動せな!)




    見た目はボンド。



    もちろん自分でも今の生活があかんのは重々承知なので、彼を軽蔑して辞めようとする付き人に真顔で「いかないでくれ~。もっとお金出すし。やめないでくれ~」と懇願するんですけど、それは彼女が周囲で唯一真っ当な神経の持ち主だとわかっていて信頼しているから。

    ダニボンのいいところは、こういう惨めなシーンを演じてもイヤらしくならないところでしょーか。腐臭がしないというか、空気が澱まないというか、媚びとは無縁のにじみ出る可愛げが拭えないというか♪



    そんな彼が、故郷のかつての親友ブーツの死の知らせを聞いたことで過去の自分、現在の自分と対峙することになるんですけど、この70年代の美しく楽しいだけではない辛さキツさうんざり感も含めた思い出がなんとも。少年少女時代にしかありえないすぐに消えてしまうある種の清冽な空気感や、これと決めた子しか自分の世界に立ち入らせない女の子の気持ち、若さゆえにやらかしてしまう男の子の失態(キスマーク付けっぱなしでご登場にはふいちゃった。年上女のちょっとした嫉妬に気付かなかったのね)、どうにも取り返しのつかない過ち、家族や近所の人や住んでいる町に感じる気持ち、うまくいかなかった初恋…。Flashbacks of a Foolだものなァ。





    ルースを演じたフェリシティ・ジョーンズのこのシーン、良かったわ~♪



    25年後、家出するきっかけとなった悲しい出来事を含めた自分の過去を見つめ直し、家族や親友の妻と再会し、自分なりの精一杯の誠意を差出すことでもう一度生き直せそうなジョー。ん、良かった。ルースも、こんな形での思いがけない友情愛情はそりゃ嬉しかったはず。あの時の二人だけのあの瞬間をずっと憶えててくれたのね、という。もちろん金銭面のサポートだってありがたいし。

    ダニボンは、やっぱり繊細な心情表現がいつもいいです。本来そういうので魅せてくれる俳優さんだものねぇ。



    役者さん、ベテランも若者もおチビもみんな良かったです。(ロジャース夫人!!)

    ジョーの母親は、17歳の肖像やゴーストライターに出ていたオリヴィア・ウィリアムズでした。

    いつも鋭い眼光のマーク・ストロングは ダニボンに現実を突きつけるエージェントとして、ダーシーさんは 若いジョーを誘惑しまくる人妻イーブリンの旦那さんとして短い出番ながら自分的には印象ばっちりで満足でした。(あまりに子どもをあやす姿が板についてたけど、ひょっとしてお子さんいらっしゃるのかしらん。そして、子煩悩だけに罪を犯した妻を冷酷に糾弾し、決して許さないだろうと思わせる厳しい感じが何も言わなくてもぶわっと漂ってて怖くてよかった(T_T))

    そうそう、美しいエミリア・フォックスは ハリウッドの優雅な売人役でびっくり^^;


    category: lovestruck

    tb: 0   cm: 0

    無題  

    大掃除も終わってホッと一息。

    映画では少々変わった役が多いダーシーさんは、インタビューではいつもすてきです~(惚)




    嫁にいきたい。




    ぜひともいきたい。













    いくことにした。


    しかし、エゲレスは遠いわねぇ…。

    どこかダーシーさんに似てるとこないかしら?とおこたで爆睡中のオットをまじまじと観察したところ、

    お耳だけよく似ていました。

    うむ。ちょっと満足である。

    さ、あと数日がんばらねば。



    category: lovestruck

    tb: 0   cm: 0

    アメリカン・ホーンティング  





    『AN AMERICAN HAUNTING 』 2006年 イギリス・カナダ・ルーマニア・アメリカ



    初見。ダーシーさん集中鑑賞10本目。

    今回のダーシーさんは、19世紀アメリカ南部の若い学校の先生でした。



    これは…うーん、なるほど。

    だから最初に「私にはママが必要よ」としっかり助けを求めていたわけか。

    ホラーだかオカルトだかというジャンルというより、社会啓発物…みたいな現代的様相も。

    もともとあった事件の真相をこういう風に解釈したということなのか、本当にそういう話だったのかはわかりませんが。

    見て見ぬふりをする、あるいは信じない気付かない母親にしっかり見せる、知らせる、償わせるという意味合いの強いポルターガイスト現象。

    思春期の娘の怒りと悲しみが生み出す生霊?パワーは武闘派のそれに匹敵するものすごさで、同時に罪の意識、自罰行為としても突出しておりました。(すごい往復ビンタ…(T_T))

    なんで一緒に寝てあげないんだろ、なんで独りにするんだろ、きちんと守ってあげなさいよお母さん、とイライラさせられた部分も、わざとだったのねぇ。



    核が見えるまでは、美少女ならではの怖ろしさにドキドキして、例のごとく画面をちっちゃくちっちゃくして見てしまいましたが。(美少女が独りでブランコをこぐというただそれだけのシーンでも、なんだかとっても怖いんだもの~(T_T))







    美少女ベッツィを演じるレイチェル・ハード=ウッドの可愛らしさ美しさが傑出しておりました。

    ぜんぜん気づかなかったですけど、「パフューム」のあの赤毛の女の子だったのね~。

    こんな若い女の子の髪をひっぱって宙吊りにして往復ビンタかまして床や階段を引きずりまわすなんて酷い。


    お目当てのダーシーさんは、彼女を守ってくれるのかと思ったら、あんまり役に立たないし。

    (よくよく見て行くと、役に立ちようがない話なので仕方なかったんですけど、途中まで、もーっっ!!と腹が立った)

    あ、でも、少女が憧れる学校の先生としては素敵だったかも。授業の風景も良かったし、少女の押しに少し戸惑い気味なところも良かった。あれこれ解決して、彼女が成長したあとは結婚して幸せにしてあげたようだったし。(子孫の家にある古い写真でそれがわかるのがいい感じ)





    いちおう、王子



    少女の父がドナルド・サザーランド、母がシシー・スペイセクと豪華でした。








    さ、今日は掃除やな。



    category: lovestruck

    tb: 0   cm: 0

    W.E.  




    『W.E.』 2011年 イギリス

    初見。面白かったです。 ダーシーさんも男前(嬉)
    題材に特に興味がなかったので借りるのを少し躊躇しておりましたが、気にせず早く見ればよかった。
    邦題は長々となんかついてますけど、原題のままが良かった。
    WEには、ウォリスとウォリーという女同士の私たち、女である我々みんな、の意味もありそうなので…
    (王冠をかけたどーのこーのって、映画の内容とまったく違うデタラメだし)

    監督は、マドンナ♪ マドンナ、いいですわ~。
    前回の『ワンダーラスト』も、日の差してくる感じがすごく良かったもんなァ。
    あの、「やってみなよ」って背中を押してくれる感じ。(今回もやはりそう。どこまでも姐さん気質だ)
    役者さんも、グラント様は出るわ、ユージン・ハッツはめちゃかっこいいわで魅力的だったし。
    今回は、ダーシーさんも出ててますますマドンナが好きになった!>笑
    相変わらず、音楽がいいです。さらにダンスシーンが面白い。




    主人公は、現在のNYに住む若い女性 ウォリー。
    かつてサザビーズで忙しく働いていた彼女は、医者で資産家の夫と結婚して6年。
    夫の希望で仕事を辞め、子どもを切望しているけれどいまだその兆候はなし。
    夫は対外的には「素晴らしいご主人」「仕事熱心でスマート。気前がいい」「ゴージャス。完璧」な男としてふるまっており、評判は上々。
    みなに「幸せ者」と羨ましがられる彼女は、しかし、家ではまったく夫に尊重されていない。内輪での夫は冷たく独占的支配的で彼女の気持ちを推し量ることすら放棄している。(子も望んでいない)
    自信を無くし、胸の内の苦しみと焦燥感を誰にも言えず疲れ切っているウォリーは、オークション会場に出かけては 子どものころからの憧れ ”ウィンザー侯夫妻の世紀の恋 ” ” エドワード8世に王冠を捨てさせた女性ウォリス・シンプソン夫人 ”にまつわる品々を眺めながら彼らに思いをはせ、現実逃避気味。(祖母、母がシンプソン夫人の大ファンで彼女にその名前を付けたというのだから、シンプソン夫人への興味と憧憬は長々と彼女の内部に息づいてきたのだ)

    こうして、現実のウォリーと幻想のウォリスが、時を越えてしばしば交錯し会話し(つまり内省)人生を見つめ直すという形の物語になっていました。その見せ方が自然。映像もひじょうに美しいし、30年代の衣装がまたきれいなこと~。
    ウォリスからウォリーへの示唆に富んだ行動、言動。
    強い女、美しい女、強く美しい人間とは何か。愛とは、そもそも強さとは、生きるとは何か。
    ということに尽きると思うんですけども結局。

    一番良かったのは、「公爵がいるじゃない」とどん底のウォリスを慰めるウォリーに対し、「おとぎ話じゃないのよ!目を覚まして!!」と、ウォリスが彼女を引っ叩くところ。(3発リフレイン)
    はっぱをかけてるんですけど。この視点があってこその物語だよなぁと。
    (あとは、老いたウォリスが死の間際のエドワードにダンスを踊ってあげるシーンがいい。その時の表情もいい。特に二度目のシーン。愛だなぁ。)
    ウォリーは本来の聡明さを取戻し、守護神のような感じだったウォリスと別れ、新しい一歩を踏み出していく…。

    主人公ウォリーは、アビー・コーニッシュ。背が高く、横顔のお鼻が可愛い。生命力が強そうなところがいい。Heathと共演した作品、まだ見てないけれど…
    マドンナが憑依したかのようなウォリスを演じるのが、アンドレア・ライズブロー。初めて見ましたけど、抑えた声がよく、細身ながらすごい貫禄。威厳もあるし、不思議な魅力に溢れてました。
    ダーシーさんは、今回はエドワード8世でしたけど、独身貴族でモテまくりなエドワードの時のダンスへの誘い方がすごーく素敵でした(惚)も~、こんなん見たかったのよ~。踊ってる時の肩と背中もいいし。(撮り方がうまい)他の女性と踊ってるときの女あしらいに慣れた余裕な表情もよければ、ウォリスと組んだ途端ちょっと真剣になるお顔もよいんだわ~。ちょっと痩せたかな?とも思ったけど素敵だった♪つるんと若すぎず、老けすぎずでちょうどいいな~(延々)
    で、史実があるのでそれ以降の王子部門は、コルパコフに扮したオスカー・アイザックに。この方がまたお初でしたけど、目がいいのよね。小柄だけど、敏捷そうでセクシー。男前でした。スパイ役とかいけそう。
    ほか、エドワードの弟ジョージ6世役の俳優さんが、どう見てもフォックス家の系統!と思ったらやっぱり。ローレンス・フォックスさんとおっしゃいました。この方、ミス・マープルにも出てらしたな。







    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

    ブラッド  




    『RISE: BLOOD HUNTER』 2006年 アメリカ

    「あなたは真のリーダーにはなれないわ。 注意力がたりないから 」

    注意力がたりないから!!
    はー(T_T)つらいわぁ。こんなこと言われちゃうダーシーさん見るの。(好きで見てるんだけど)
    実際、言われてびっくりしたところを形勢逆転されて、なんの余韻もなくトドメを刺されちゃったし(涙)
    せっかく吸血鬼で男前なのになんとかならんのん?脚本!!(初見)

    主演は、ルーシー・リューなんですけど、リューさんて可愛いなァ。すごく可愛い。
    B級らしく、吊られるわ撃たれるわ刺されるわ食いちぎられるわ酷い目にあうし、他人を酷い目にもあわせるんですが
    彼女の美しさはずーっと保たれてました。声も良いし、何をしてもまったく安っぽくならない。
    「デタッチメント」のリューさんは素晴らしかった。

    お目当てのダーシーさんはまたしても変な人の役でしたけど、せっかく美男美女(特に女優さんは綺麗な人ばかりだった)がそろってるんだからもう少しロマンティックな物語にしてくれてもいいのに。
    ヴァンパイアには悲哀がもともとあるんだし、どうとでもなりそうじゃない…

    リューさんを襲って仲間にしたのがダーシーさんなんですけど(厳密にはもう少しあれこれあるんだけど)、ダーシーさん扮するビショップがもっと奥深い人物でないとどうにも面白くないんだわ~(ただの変な人であった)
    リューさんが吸血鬼として復活し、実際に見知らぬ他人を襲ってそれを嘆くまでのシーンは良かったのに。
    たとえありがちでも、復讐を遂げる時くらい複雑怪奇な愛憎劇になってほしかったわ。
    ダーシーさんも珍しく強引な迫り方を見せてくれかけるんですけど、くれかけて終わるのよね~。惜しい。
    マリリン・マンソンがオーナー?のバアで電話してるダーシーさんは、この映画見てよかった~♪といろいろチャラにしてもよいほどのかっこよさでしたけど、いかんせん最期に「注意力ないねん!」と言われちゃうので^^;


    どーしてこうなった~

    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

    バッカス君?  




    わわ。ダーシーさん、若い。ほんとよく似合うわ~♪クラシカルなの(嬉)

    ディケンズ…読んでないし。

    と思ったら、顔色の悪いの、もしやバッカスくんでは!?

    やっぱりそうだ。うわぁ、嬉しい♪ジョージ・ジェントリーではほんと可愛くてたまらないもんね、バッカス。
    (最初は、このバカタレと思ったもんでしたが>笑)

    いやぁ、垂涎の組み合わせです♪ニコラス・ニクルビー(主役じゃないのダーシーさん)とスマイク(ニコラスが救い出す叔父の隠し子、て。面白そう)と。へぇ、見たいなーこれは。

    ただ、ちょっと二人とも見た目が可愛すぎて自動的にばあや気分になるのがつらいところ(T_T)



    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

    dot the i  




    『dot the i 』 2003年 イギリス・スペイン

    初見。相変わらずダーシーさん目当てでレンタルしたのででっかく載せとこう。へっへ。(↑)
    このシーン、良かったわぁ♪
    背の高い人ってのもなかなかいいもんですな。
    玉ねぎ!?とちょっと思いましたけど、ほかにテキトーなものがないものね。
    なんだっていいのよダーシーさんなら。
    ええとこの坊ちゃんが普通に似合うダーシーさん、今回は変な人の役でした。

    映画のほうは、まぁ、ずいぶんと若い監督が作ったのかしら…という感じ。
    なんですけど、ダーシーさんを見るにはなかなかの掘り出し物かも。王子様から最低男まで変幻自在。
    誠実そのもので育ちの良さそうな可愛らしいダーシーさん、ラテン美女を満足させられないダーシーさん、浮気されるダーシーさん、嬉しくて満面の笑みのダーシーさん、涙涙で別れを言いながら銃をぶっ放すダーシーさん、豹変するダーシーさん、青くさいことを言うダーシーさん、このひとなんなん!?と顔を見合わせてしまいそうになるダーシーさん、チャラくて嫌味なダーシーさん…などなど、楽しげにあれこれやってくれるので。(涙も出したりひっこめたり忙しそうであった。たとえ泣きながら鼻水流れててもお坊ちゃんな品の良さは変わらずでさすが)

    そうそう!35分近くみていて初めてトム・ハーディに気が付きました。すごく若くて健全な雰囲気なので思わず騙されそうになった(笑)相方もどこかで見た人。




    共演は(というか主演は)、ガエルくん。いやぁ、ガエルくん久しぶり~。相変わらず目がキレイ。




    こちら、ヒロイン。もっともっときれいな人で。おかっぱウィッグにお髭つけてのスーツ姿のときはめちゃめちゃ可愛かった♪最初、ダーシーさんを苦しめるバカ女と怒りながら見ていてごめんなさい。




    ガエルくんもダーシーさんも犬顔ね。
    個人的には、豹変直後のフォードなダーシーさんでもう少しいろいろ見てみたいわァ。
    次は、エクソシストか…どうしよう(T_T)








    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ