終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    自分の頭で考えろ  



    実際ホークアイでも見とかないとやってられない。

    いい男だよ、ホークアイ。こんな人間になりたいと思ってずいぶん経っちゃった。





    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    ヤング・シャーロック・ホームズ ~対決!モリアーティ教授~  

    『SHERLOCK』 2002年 アメリカ・イギリス

    マットかダーシーさんばかり見ている今日この頃。
    (あとはいっぱいになったHDDの整理。Law & Order、面白いんですけど、検察側が犯人の自白を引き出すために、さらっと嘘(はったり?)を言って犯人を騙して解決に持ち込むのが気になって気になって!オットと、いいの?今のいいの~??と絶叫のうちに終わることがしばしばあります。カッターを演じるライナス・ローチは相変わらず見とれちゃうお顔だけど。殺人課の刑事さんたちも熊みたいでかっこいいけど。でもな、でもな、と気になる)

    ダーシーさんがホームズを演じてる!というので喜んで借りました。初見。
    ミス・マープル(『動く指』)を見て以来すっかり彼のファンになったんで 浮かれて借りたんですけど、
    なんとこの作品、マイクロフト役がリチャード・E・グラント様!ダーシーさんとグラント様が兄弟!!
    うはー、私のため?私のため~~??と、思わず身を乗り出して画面を凝視しましたわ♪
    (ミス・マープルにはグラント様もマープルの甥としてご登場されてたりして、ほんと侮れないシリーズである)



    これを見るとドンパチが多そうですが、そうでもなく。わりにおっとりした演出の一品。
    シャーロックもベネ坊ちゃんのシャーロックと親戚筋みたいな感じで。(ま、原作同じだし)

    どこか柴犬っぽいダーシーさんをSっ気たっぷりにいたぶるモリアーティ教授がヴィンセント・ドノフリオ。
    (どうでもいいけどドノフリオって素敵な苗字。いっぺん「ドノフリオさん」と呼ばれてみたい)


    長い邦題の通りの内容で、若いシャーロックがモリアーティ教授に常に一歩リードされて振り回されてました。
    新しい強めのモルヒネを作った教授は、それを麻薬業界に流通させて市場独占を狙ってるんですわね~
    そのために何人も殺す殺す…

    捕まえるつもりが逆に捕まってモルヒネいっぱい打たれちゃうシャーロックは、まるで昭和の刑事でした。あぁ、昭和のシャブ中(にされちゃう)演出の怖ろしかったことよ(泣)それに比べれば、こちらの演出は、禁断症状も含めてのんびりしたもんでした。まぁ、そこだけ力を入れられても困るけど。力を入れてるのは、ワトソン君のスプラッタ外科手術&解剖後の脳サンプル演出だったかも。(シャーロックの小脳は大丈夫だろーか…)

    ダーシーさん、いつ見ても広々~とした肩や二の腕のラインが男らしくてとってもすてきなんですけど。(手もきれい)
    今回は女性たちとけっこうおつきあいがあるんですけど、なんでしょう。ぜーんぜん色気はなかったです。
    (だからウィショー君の時のように、やきもち妬くこともなかった)
    紳士っぷりを発揮するお相手(レベッカ・ドイルですって)のガブリエル・アンウォー(久しぶり!)、綺麗でしたわ~。どう見ても、年上のお姉さんでしたが。
    グラント様とは、兄弟仲良く推理ゲームするシーンがいかにもホームズもので、良かった。
    あと、ワトソン君、けっこう好みだったわ。職人気質な感じで。肝心な時にあまり助けになってなかったけど。

    そんなこんなで無事事件を解決し、アガサおばさん(笑)とワトソンくんからお見舞いを貰ったシャーロック青年は、名探偵への第一歩を踏み出したのでした(女と飲みすぎには気を付けろ)。というお話だったかと思います。

    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

    クラウド アトラス  




    『Cloud Atlas』 2012年 アメリカ

    ダーシーさん目当てに借りました♪ 初見。

    身体に同じ印が、輪廻が、ってなんだか「豊穣の海」みたいですけれど。
    輪廻といえば萩尾望都さんの「ヴィオリータ」がこの世で一番好きですけれど。(何度読んでも感動する)
    ま、輪廻の有無はさておき、結局はその時々の自分の生を精いっぱい生き抜くしかないのだし。
    できれば真善美を求めつつ…。信頼し助けあいながらだれかを愛しつつ…。

    映画は、そのどうしようもなさもひっくるめて大きな人間愛のよーなものを感じる作品だと思いました。
    やっぱりとっても西洋映画でしたわ。変わってるけど。

    ドゥナちゃんが久しぶりで嬉しかった~。ご活躍でした♪
    ヒューさんも終始楽しげでしたし、ヒューゴさんも可愛かったわ、あの鬼看護師さん(笑)

    個人的にはベン・ウィショー君とダーシーさんの物語が一番良かったかなァ。
    ウィショー君、才能を世間に知らしめる前にいってしまう悲劇的な音楽家という役柄にどんぴしゃで。
    ほんとはええとこのボンなんだけど、道を逸れ気味で親に勘当されてるとか少女漫画みたいな設定がお似合い。
    ダーシーさんは彼の恋人で、金髪なのがすこーし残念でしたけど(ミスマープルの茶色の髪が良かったので)
    相変わらずの柔和な顔と指の長さ、若いときはもちろんおじいさんになってもすてき。
    (まったく、ベッドであんな風に笑ってくれるなら、私も喜んで窓から逃げて見せるわよ。ま、私じゃダメなんだけども。いいな~と、なんかここだけ妙にウィショー君のフロビシャーにやきもちが妬けたのであった。羨ましくて)

    とにかく、愛し合ってるのに、そして、未来に希望を持って別れたのに、
    二度と生きて再会することは叶わなかった若いふたり。
    離れているその間に、フロビシャーが書き送った何通もの手紙。
    どうしても間に合わない恋人。
    いや、彼は間に合ったんだけれども、フロビシャーはすべてをきっちりと完成させることを願ったのよね。
    彼の作品は、この気持ちを保ったまま己の死をもって完結するという。絶望ではなく、強い意志で。
    愛は死をも乗り越える。僕は永遠に君のもの。って、はぁやれやれ、困ったもんだよ芸術家は。
    (ま、わからんわけではないけどずいぶん勝手だ)
    一目会って安心したいじゃないの、シックススミスにしたら。死ぬほど心配して飛んできたのに。
    いくら手紙残されても、まずは生身の生きてる彼のほーがずっとずっと大事に決まってるのにさ。
    ニアミスであんなの、酷い仕打ちすぎる…(シックススミスが可哀想で思わず涙ぐんでしまったほどさ)
    数十年後、やはり偶然同じような死に方で結果的にあとを追う形になったシックススミス。
    手紙はのちのちには生きる糧になっただろうけれども。(しかし、最後の手紙はどーかと思う!)
    というわけで、二人の風貌が風貌だし、ロマンティックな一遍となっておりました^^;


    これも夢

    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

    人生はビギナーズ  




    『Beginners』 2010年 アメリカ

    初見。年始同様、ユアンが見たくなってレンタル。

    ファーストショットからやられたなぁ。あのお花。
    あ、人が死んだ、とわかるあの雰囲気が思い切り再現されていて。
    思わず惹きこまれて見始めました。

    オリヴァーの描く絵がとても良かった。
    クライアント無視の作品になってしまったThe Sads
    それと、ファーック!!ファック!!ファック!!ファーック!!て叫ぶ花火のシーン。泣けたなー。

    「役者たちの裏のストーリーは知りたくない。どうでもいいことよ」
    「君は僕を笑わせる。でも、笑いごとじゃない」
    「劇的なことが起こらないと暗闇にとりこまれる」(だったかな?)




    家で、美術館で、車のなかで、オリヴァーが見つめる母の姿はいつも深い悲しみに満ちている。
    「構わないわ。私が治してあげる」
    55年にそういったオリヴァーの母は決して愚かな人間ではなく、むしろ前向きでパワフルな女性だったんだろうな。出自のこともあって、より人の痛みに敏感だったろうし。
    「私は思った。あぁ、神よ。どんな努力でもします」
    父親も本気でそう願い、誠実な切迫した気持ちで結婚したはず。医者だって「直る病気」と言う時代だもの。
    妻の死後まで本当の自分を隠し通したことは、彼なりの彼女への愛情だろう。あるいは贖罪か…

    途中で妻を、自分を解放してやる道はなかったのかなとも思うけれど。
    せっかく進歩的な地域(のすぐ近く)に住んでいたのに。
    もうこの辺りで互いに別々の人生を生きよう、助けあいながら。という選択はなかったんだろうか。
    もちろん家庭は静かに壊れていって、オリヴァーは「いつもうまくいくと思えなくて うまくいかないようにしてしまう」人間に育った。
    仕方がない。崩壊家庭で成長した子はたいていそうなる。(アナもどうやら同類なのか)
    4年も大事な部分にはあえて触れずに心のどこかを殺したまま生きてきた夫婦は、どちらも癌で逝った。
    母親は意識がどこかへ飛ぶようになる前、日々何を思ったろう。癌はまるで悲しみの塊だ。




    ただし、救われるのは母も父も子供のことは愛していたとわかる部分。
    愛されていなければ、あんなふうに親の面倒を看ることも死をみとることもできない。
    (機械的にはいくらでも無感情でできるけれども)
    さらに、父に夫婦の真実の一端を聞かされ、また両親をきちんと看取ったことで、オリヴァーは少し意識改革が可能になったらしいのが嬉しい。個人的には、一緒に暮らす相手は根っこが陽気なほうがうまくいくと思うけれども。彼女とは親友になれるんじゃないかしら。




    この本屋さんが何とも居心地良さそうだったわ♪
    あらためて、ユアンはとってもよい俳優さん(嬉)
    アンディはどこかで見たわ、知ってるわ、と思ったら、コバッチュ先生でした(驚)

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    PSYCHO1960  




    映画「ヒッチコック」は、劇中でのパーキンスの言われようだけ なーんか癪に障ったので久々に鑑賞。
    あぁ、やっぱり何度見ても面白い。素晴らしい。古びない。
    音楽も編集も役者も完璧。何てモダンなタイトルバック。
    (パーキンスを主演男優ノミネートすらしなかったアカデミーの罪深さを思うと暗い目になる…)


    なにやら楽しげな3人♪↗

    古今東西、映画にはさまざまな困った登場人物が出てきますけど、やはりどうも知らぬ間に彼らに肩入れして、距離感が近くなってることにふいに気付かされ 我に返る怖さ…というのがいいんじゃないかと。(P.ハイスミス作品の人物はみんなそんなんである)
    サイコしかり、太陽がいっぱいしかり、コレクターしかり。
    これは見る年齢に関係なくそうだというのがまた怖い。(少なくとも自分はそうだった)

    サイコの場合、ええもんであるにも関わらず、(このおせっかい!そっとしといて!バレちゃう!)と、つい邪魔に思ってイライラさせられるのが私立探偵と姉を探しに来た妹である。




    この倫理観無視の、己の心のほの暗い何かに触れられる瞬間というのがホラーなのねん。
    同じように、大金持って逃げてる最中のジャネット・リーと同じ気持ちにさせられるのがこの人。




    この警官が、サングラスをかけていなかったらどうだろうといつも思う。
    うーん、怖ろしさ8割減だな。マリオンも挙動不審にならずに済んじゃいそう。
    サングラス効果と同じようなのが、たとえば「北北西~」のタクシー運転手の後ろ姿の頭と首すじ、両の腕。それだけしか見えない彼の底知れぬ怖ろしさよ。(何もしないのに)
    人を不安にさせるもの、についてあれこれ考えさせられる。




    一番疲れるシーン。ワイパーが役に立たないような雨になるのもいい。追いつめられる。




    このジャネット・リーの瞳や、足の裏というのはずーっと見ていたい気分にさせられる撮り方だし。




    会話を聞いてるうちに、あかん、この人、あかん人やわ…と徐々にゾーッとさせられるパーキンス扮するノーマンの一挙手一投足、瞬間的に色彩が変わる眼差しや声のトーンがもうたまらない。
    役に入るまでに、どれだけ入念に準備したかと思うわ~。
    あと、これは本人の資質だけど、身体も含めてなんとも知的なところがいいです。
    ノーマン・ベイツが品がなくてアホっぽかったら全然だめだもの。




    パーキンスの「死んでもいい」という62年の映画、見たいなァ。

    category: あなただけ今晩は

    tb: --   cm: 0

    ヒッチコック  




    『Hitchcock』 2012年 アメリカ

    初見。
    サイコとても好きなので、裏話はそんなに知りたくないなと心配してたんですけど、
    あ、なんだ、こういう映画だったのかと安心して楽しめました。
    奥さんのことなんてちっとも知らなかったので見てよかった。
    ホプキンスとヘレン・ミレンのふたりはもちろん安定感ばっちり。

    個人的な収穫は、いままで見た中で一番よいと思ったスカーレット嬢!



    きれいやし。すてきなジャネット・リーでした(嬉)例のシーンもうまかったし。

    誰がやるのかしらと思っていたパーキンスは、おやおや、先日ミス・マープルで素敵だったバートン兄!
    こんなやりとりがほんとにあったのかな…という部分はさておき、やっぱり彼は良かったです。
    (ジェームズ・ダーシーという役者さんらしい)



    物真似というんでなしに、なんともこうサイコのパーキンスだったし。
    薄ーい細いパーキンスの手が好きだけど、ダーシーさんの手もゴツくないので満足満足。

    他には、観客の反応を味わうヒッチコックの描写が良かった♪マエストロなヒッチ。

    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

    あれもそれもこれも  

    昨日の夜はだらだらだらだらTVを見てしまいました。
    そうしましたら、面白くて気になるドラマが続々。
    いかんなー、まいったなー、ケーブル様々だなー

    まずは、Criminal Minds




    きゃああぁ。ホッチナー捜査官という人があまりに素敵すぎる!!そして早々撃沈。
    (その旨友人にコーフンしてメールしたら、「あたしは彼目当てにずっと視聴している!」とのこと^^;)
    でも、ホッチさん、奥様を殺されてしまいましたの(涙)
    しかも、凶行に及んだキレまくってる犯人が、C・トーマス・ハウエル!!

    あぁ、ハウエルさんといえば子どもの頃から慣れ親しんだ後のブラットパックの中で一番好きだった男。
    私の心の兄貴も同様です。(もう一人が「ウォーゲーム」のマシュー・ブロデリック)
    一応「トスカニーニ」まではちゃんと追いかけましたのよ、兄貴。
    映画雑誌に載っていたハーブ・リッツ撮影の激かっこいいポートレートも実家に残ってるはずだし。
    父上はロデオの選手!というプロフィールもよく覚えておりましてよ。





    で、そんな兄貴はいったいいくつだったんだろ?(←肝心な誕生日は忘れた)と調べましたら、
    うわ。オットより2つも若い…(衝撃)
    でも、年齢を重ねても兄貴はやっぱり爽やかなのでした(嬉)




    ホッチさんと格闘している時の動きもシャープだったし、お顔の自然なしわの感じもすごくいい(嬉)
    ホッチさんと兄貴は因縁対決だったようなので、これはちょっと最初から視聴しなくては!!

    次に流れてきたのが、Law & Order
    これはさすがにタイトルは昔から知ってましたが、見るきっかけがなかったもの。
    昨日ぼんやり見始めて驚きましたわー。突然ライナス・ローチが出てきて~~~(嬉)
    私が見たのは、Season18だったのかな?ライナスさん、レギュラーなのね♪
    これも犯人の心理状態の描き方が面白かったので、視聴続行。




    次が、HOMELAND




    以前気になったのに結局そのまま忘れていたら、偶然流れてきました。
    クレア・デインズが先日また女優賞を取ってましたが、おお、なるほどこれは面白い!!
    ブロディ軍曹はやっぱり寝返ってたということなんだろーか!?ソールも怪しくない!?
    思わず、オットとあれこれ推理しまくってしまった。(途中参加なのに)
    キャリーはだいぶ疲れてるみたいだけど…。
    これも来週楽しみにしとこう。

    しかし、録画予約きちんとしとかないと見忘れ必至だなァ。

    そうそう、Breaking Bad のSeason1-6,7も視聴終了。
    ついに、ホワイト先生はハイゼンベルクという裏の顔で麻薬取引の世界にデビュー。
    まぁすべて致し方なく…なんですけど。




    しかし、相棒ピンクマンの敵を取りにトゥコの事務所へ単身乗り込んで、ハッタリかましつつの化学知識を応用した見事な復讐劇には思わず拍手喝采!!かっこいい先生!!
    …でも、思ったなぁ。
    世界中の優秀な化学者って拉致されていろいろさせられやしないかしら…と。なんだか心配になっちゃった。

    ピンクマンは、根はいい子で注意力もあるので、先生の現状をきちんと察していました。
    先生の病気と重さ、亡くなった身内のとほぼ一緒だから心配でたまらないけれど…(T_T)
    スカイラーの妹、そういえば前もやってたっけ…^^;姉とハンクはどうするのか。

    ここでSeason1終了とのこと、早く続きが見たい。なんともいえないブラック・ユーモアが癖になるワー。

    ドラマって見始めると際限なくみてしまって、いかんいかん…♪

    category: その他の感想

    tb: --   cm: 0

    美男美女  




    録りためていたミス・マープルを見ていたら、麗しい役者さんがいっぱいでホクホクです。
    お洋服も素敵だし。ロケ地も素敵だし。小道具もいいわぁ。
    名前を存じ上げない若い美男美女や、ベテランで渋い男前、上品で一癖ふた癖ありそうな女優陣と
    見ていて楽しいったら♪
    そうそう、久々のグレタ・スカッキやティモシー・ダルトンも良かったなァ。




    この兄妹も良かった。というか好みでした(笑)顔や佇まいが。兄貴、どこかで見た気もするけれど…
    彼は、草食動物みたいな優しげなお顔で指が長いのよね~。(草食系ではない。あの分け方好かん)
    妹を演じてるクラシカルな女優さんはなんとエドワード・フォックスの娘さんでした(驚)

    そうだ、エドワード・フォックスで思い出した!!
    彼のジャッカル並に果断に富んだ『ボーン・スプレマシー』の工作員の面々の中で、
    ボーンを追いかけてくるプロフェッショナルなキリルを演じていたクールな俳優さん、




    なんと、ロード・オブ・ザ・リングに出ていたというのです。
    いったいどこに????(役名を見ても思い出せず^^;)
    さらに驚いたことには、なんとキリルはドクター・マッコイと同一人物だった!!!
    信じられん。も、びっくりです。ぜんぜんわからなかったわ。




    あぁ、なるほど、確かに言われてみればお顔が一緒か…。
    いやぁ、びっくりしたわ~。キリルは冷酷な戦士って感じだったけど、マッコイはあったかい感じだもんね。
    てことは、バートン兄にもどこかで会ってるかもしれないなー。

    ともあれキリルは、カール・アーバンと。メモメモ。

    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

    ボーン・スプレマシー  




    『THE BOURNE SUPREMACY』 2004年 アメリカ

    これよこれよ!こういうのを見たかったのよ~~(嬉)

    満を持してマット祭第3弾。初見。
    うわー、面白い!!これはたまりません。大好き!!(気に入ると画像も巨大化)
    フルスロットルでたたみかけてくる脚本と抑えていながら目を離せない演出にわくわく。

    さらに、ボーンのクールで硬質な魅力にくらくら。(今回のマットは嫁に行きたい)
    前半、中盤、後半と見せ場が3度はあって、息つく暇もないのに充足感でいっぱい。
    おっかけてくるロシア人も終始クールでプロフェッショナル。(こうでなくちゃ悪役は)



    ひとり焦りまくるこの人もええ感じ(笑)

    いやぁ、良かったわァ。
    ちっとも坊や坊やしていない今回のボーンは、切れ者でスマートで弱点(根っこの人間的な部分)もあって、なおかつプロの工作員にしか見えないのだ。(工作員、遭ったことないけど)
    なんといっても目がいい。見ていて肩入れはしてしまうけど、(私が彼を守らねば)みたいなアホな感情を差し挟むのを憚られる孤高の雰囲気が素晴らしいったら。こういう男を見たかったのよ~。
    どんな相手と対峙していても、あぁ、彼らにしかわからないものがあるんだよな、みたいな、使い捨てである工作員の悲哀をあくまでもさらりと(重要)感じさせるだけで、変な台詞を一切言わせないのもいい。
    余韻をだらだら引きずることもなく、すっと消えていくボーン。かっこよすぎ。

    パメラとの関係もいい感じだったわー。
    見た目をぜんぜん変えないからすぐモニターに映ってるのを発見されるのは、脚本上の都合ということで(笑)




    マット、ありがとうね。ほんといい役者さんね。
    次の作品も早く借りてこなくちゃ!!
    の前に、あと2回くらい見てから返そう。
    ああ、面白かった~♪

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ