終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    無題  

    気になっていたエゲレス。なんと、離脱!!職場で、みな、ぎょっとした。
    長い歴史のなかでの、現時点でのこの選択・・・今後EUは。メリケンの選挙は。なにより問題山積のワガクニは。5年後、10年後、50年後、100年後・・・10年前、50年前、100年前……とバカな頭であれこれ考えていたらへんになりそうなのでやめた。

    ところで、先日思い出したMontgomery Clift について、確かこの本に・・・と引っ張り出し、数十年ぶり?に読んでいたら、

    カポーティとの対話

    『クリフトのことを考えていると、いつもマリリン・モンローを思い出す。マリリンはいつもいっていた。「私の知っている人で唯一私よりも不幸な人生を送っているのはモンティ・クリフトよ」と。モンローがこういうのはちょっと面白いね。彼らは多かれ少なかれ、同じ問題をかかえていたんだから。』

    という箇所があり、よけいに哀しくなった・・・。(カポーティもまた、なのだが)

    軽く追悼月間にしようと思ったら、ちょうど来月BSプレミアムで「赤い河」をやるみたい♪
    元気なときの彼を堪能せねば~。




    うわ、これも高校のとき以来だわ!いかにもハリウッド映画だわ。
    あらためてなんてきれいなのかしら、リズ・テイラー。
    ええい、もっと美男美女を見ていたいのに、おじさんが邪魔じゃ(笑)



    これまたモノクロ美男がいっぱい。ハリウッドだわぁ。いいわぁ。フレドリック・マーチもいる♪
    私の愛するマックィーンとジェームス・スチュワートとアステア、それにボギーがいないけど(^^;
    モンゴメリー・クリフトはやっぱりとってもきれいな顔。(暗さもまた美である)
    エロール・フリンとロック・ハドソンは残念ながら作品をよく知らないのだが。

    しばらく逃避。







    category: 芸術時間

    tb: --   cm: 0

    逃避中2  

    78年のは初めて見た!!あっちへ行くまでにもう一度だけ生で見たい。

    category: 芸術時間

    tb: --   cm: 0

    うわぁ  

    いいなぁ、観に行きたい!!

    国立新美術館の「魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展」。

    バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び のDVD見直さなくちゃ♪





    category: 芸術時間

    tb: --   cm: 0

    TURNER  



    この絵は来てない(そもそも所蔵美術館が違う)展覧会でしたけど、行ってきました。
    (18の頃「アルチザン」(山下達郎)というアルバムの中の「ターナーの汽罐車」が好きだったので、
    この絵だけはそれ以来なんとなく気になっている)

    Turnerは、ぼんやりしてる…というなんともヒドいイメージを長年持ったままのあほな私、
    ちょっとはTurnerのことがわかるかしら、と見に行ったのですけど。
    画家のスケッチブックや使い込んだ道具一式、絵の具がついたままのパレットの類まで展示されていたので
    興味深く見入りました。

    肝心の絵は、特に、ぼんやりしていると感じてきた絵は、なるほどひじょうに文学的なんだなと思ったり。
    自分のなかで一回消化して、それから描く世界。省略の美というか、他人にはなかなかわからんよなとか。
    イタリアの空は、そうでない地域の絵と違い格段に明るくて眼を奪われるんだけれども、
    その下の世界は…とか、画家のコンセプトは他のどこの国にいても同じだったり。
    (戦勝万歳な絵なんかには絶対しなかったせいで、その後二度と王室からの依頼はなかった、とか、Turner、気骨のある人物だったのか、描きたいものを描くんだ、俺が感じたものを描くんだという頑固さが芸術家だワ。人間の肉体とか表情にはあまり関心はなかったのかしらん)

    もちろん、実験的な面白い絵もあれば、細かな素描、水彩画もあり、光の具合も気になり…
    この絵は未完成かも(詳細は不明らしい)という作品もいくつか。
    画家がどんな風に絵の具をのせていったのか、色を作っていたのか見ることができたらなァ…

    自分が一番長い間見入ったのは次の2点でした。(自分の目でみた色合いとはやっぱり違うけど)


    Peace Burial at Sea



    The Thames above Waterloo Bridge

    category: 芸術時間

    tb: --   cm: 0

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ