終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    スポンサーサイト  

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    category: スポンサー広告

    tb: --   cm: --

    久しぶりにCREA(ちょっと前のだが)  

    2月号

    思わず読み耽ってしまったわ~

    福田里香さんが「小学生の頃に読んで変だと思い、当時の読解力と知識で一生懸命想像したけど、作者の意図とは間違った方向に解釈した食べものを図鑑風に解説したもの」という、「思った味と違ってた!ヘンな食べ物図鑑」では、ひまし油(あぁ、ひまし油!)と、くず菓子、砂糖か蜜入りのおかゆに、そうそうそう!!!と頷きまくり。
    小さい頃はオートミールなんて知らなかったし、ひまし油はおどろおどろしい色のとんでもない味だと想像したし、くず菓子といったら福田さんとまったく同じものしか思いつかなかった!!(笑)

    古書の挿絵で浸る忘れられない名場面は美しかった。
    ずっと探していた「バタつきパン」を発見、好きな作品ベスト50(ヘッセがないのはなぜ?)、好きな登場人物ベスト30、いじわるおばさん図鑑(笑)(はレイチェル夫人じゃ違うなぁ、レイチェル・リンド夫人だ。やっぱり)、お茶会名場面いろいろ、アンとトムが住んでいた”あの家”の間取り、等々も面白かった。
    明智小五郎もの、アルセーヌ・ルパンもののポプラ社刊行本全作表紙絵一覧があったら完璧だったわ!(個人的に)


    腹心の友、膨らんだ袖のドレス、葡萄酒、いちご水、レモンパイ、さくらんぼの砂糖漬け、しょうがのビスケット、馬車、林檎の木、果樹園、喜びの白い道、紫水晶・・・といった言葉がいかに自分をニコニコさせるか思い出したが、ついでに幼稚園に上がるまえ、「プリシラちゃん」と母親に呼ばれていたことも思い出した・・・。(母よ・・・(-_-)。まぁ、ちょっと変わった人ではあったのだが)

    一昨年、「アンの想い出の日々」というアン・シリーズの続きを初めて目にして吃驚して入手したもの、もう一度それ以前の10冊を読み直してから取りかかろうと思ったまま頓挫中だ。実家に取りにいかねばなァ・・・。
    アンの青春、アンの娘リラ、アンの友達を今猛烈に読み直したい衝動に駆られている。


    そうそう、十五少年漂流記が「二年間の休暇」という原題だったとは、今のいままで知らなかった。
    「ヨーロッパ文学マップ」の12冊のうち、十五少年~以外はまったく知らない作品ばかり。探してみなくちゃ。

    少年少女文学は、食べものも印象的だが、実はそれ以上に、しょう紅熱、百日咳、肺結核、腸チフス、くる病などの病が強烈に沁みついている。読みながら、ハラハラ心配したからだろうか。
    月明かりに浮かぶ青白いルビー・ギリスの横顔(読みながら勝手に想像したわけだが)を思い出すと、今でもなんともいえない気持ちになる。






    スポンサーサイト

    category: 昭和時間

    tb: --   cm: 0

    コバルト  

    集英社発行の女性向け隔月誌『Cobalt』が4月1日発行の5月号を最後に休刊、というニュースを見て、自分のコバルト文庫時代^^;が甦った。
    赤川次郎と星新一の貸し借りが盛んだった小学生時代を経て、次に仲間内で夢中になったのがコバルト文庫。
    新井素子、久美沙織、正本ノン、そして氷室冴子をそれぞれ贔屓にしていて、お互いに貸し借りしては物語に浸る。今思えば、中学の1年~2年にかけてのたった2年ほどなのに、ものすごく長い間読みまくった感じがする。
    私は氷室さんが一番好きで、もう、どれもこれも夢中だったが、ほんの少しだけ異色というか、静謐でリアルな感情が胸に押し寄せたという記憶があるのが「さようならアルルカン」。(氷室さんが大学時代に書かれた作品)

    氷室

    クララ白書、アグネス白書、雑居時代、恋する女たち、蕨が丘物語、ざ・ちぇんじ、なんて素敵にジャパネスク、シンデレラ迷宮(覚えてるもんだなー)・・・なぎさボーイ、多恵子ガールあたりまで読んで、コバルトからは遠ざかってしまったが、なぎさくんと多恵子ちゃんの仲間である北里くん視点の北里マドンナのみ 出たばかりのハードカバーを高校で読んだっけ。
    最後が北里マドンナだったせいか、麻生野枝と槇修子という二人の女の子のことがやけに思い出される。

    氷室さん作品、子が中学の間に読ませたかったのに機会を逸した。しまった。
    実家にももうない。
    今、さようならアルルカンを読んだらどう感じるだろう・・・
    なんにしても、あの年代にコバルト作品に夢中になれて良かった。

    category: 昭和時間

    tb: --   cm: 0

    1984年のRhapsody in Blue  

    glee 2 最終話を見始めたら、のっけからニューヨーク!そして、流れだすラプソディ・イン・ブルー!!
    うわ~、たまらないシチュエーション。心鷲掴みです。
    あかん、といったんDVD止めました。じっくり見たくなって。


    で、ふと、そもそも初めてこの曲に触れたのは1984年のロス五輪開会式だったわ~と思いだし、
    あの大感動のRhapsody in Blue演奏シーンは今見られるのかしらと探してみたら、
    ありましたありました。嬉しい♪



    いやぁ~(T_T) これこれ。
    数十台(今聞いたら84台と言うてたような)のグランドピアノ演奏がもう圧巻で。
    夏休み、かぶりつきで見て(すごい!すごい!)と打ち震えたんでしたわ。11の時。

    生まれて初めて見た五輪だったこともあり、開会式の一番最初からとにかく目が離せずドキドキわくわく。
    (いまだにこの時の感動を超える開会式はない…^^;個人的に)
    母親には、「アベベが猫田が大古が」とよく聞いていたので、自分も子に「キライにティモンズ、ストブルトリック、ジェフ・ストーク!(はソウルだっけな?)そしてこれがロス五輪のラプソディ・イン・ブルーだ!」とはりきって見せましたわ。
    もちろんジョン・ウィリアムズ御大のテーマ曲も!!(大事)



    はぁ…。これ、夢中になるなというほうが無理だわ。ほんと何から何までかっこよく見えたもんなあ。
    アメリカ、金メダルラッシュだったし。(ソビエトや東欧諸国はけっこうボイコットで出てなかった?のですけど)
    あぁ、カール・ルイス以上に忘れられない体操レットンの力強い太ももの筋肉。

    category: 昭和時間

    tb: --   cm: 0

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。