終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    モース!  



    おや。友人がずっと勧めてくれてた若モースとはこれか!
    おっさんモースのファンとしては、え、若いときのモースが彼!?とびっくりですけど、楽しみ♪
    原題がEndeavourとは、いやはや。と思ったら、ぎょえー、モースの名前だったのね!
    努力だなんて・・・と思ったら、クック艦長のエンデバー号からきてるのか。
    おっさんモース警部のファンとか、とても言えないな(恥)
    あれ?Endeavour?uって入ったっけ?と調べたら、イギリス英語だと入る模様。へ~!

    category: その他の感想

    tb: --   cm: 0

    無題  

    大河、いまにもリタイアしそうなんですけど、
    他にもグレコ(北村さんのこと)が出てるのあるよ~と聞いて、
    録画し始めたアンナチュラルというドラマを見てみたら、まぁ、面白い!!
    しまった、1話から録っとけばよかった~~

    コードブルーというのも、しばらく経ってから見始めて
    (ぐわー。なにこれ面白い~。しまった~~~)と地団太踏んだのだった。

    しかし、年のせいかドラマ見ながらうおうお泣いてしまうことが多い。
    (いや、前からか)



    category: その他の感想

    tb: --   cm: 0

    ポーの一族  

    ポー

    見た目14歳くらいの少年たちやその妹などが主役なのに、どうやるのかしら・・・
    でも見たいな。タカラヅカだし。麗しいドレス見たいし。気障る男役群舞も好きやねん…
    でも、わたしの愛する世界がどうなってるか想像がつかん…

    と、不安半分で楽しみにしていたポーの一族をようやく観てきましたんですが、

    いやぁ、さすが宝塚。

    のっけから、

    エドガーがいる!!
    エドガーがほんまもんや!!!


    と、ちょっと衝撃をうけました。

    すごいな宝塚。

    はっきりいって、花の道を抜けて席についても、まだ「バーフバリ」のテーマが鳴りやまなかったのに。
    エドガーを見た瞬間、ぴたっと静かになりましたわ(笑)

    萩尾さんの筆による世界の宝、愛しの総合芸術の世界を見事に体現してる~~~~
    ド近眼だし乱視だし老眼も入って、顔ははっきりしなかったとはいえ、
    どう見てもあれはエドガーだった。
    メリーベルに水車を作ってあげるエドガー。あの瞬間の兄妹にはまいった。
    シーラ(が娘役さんトップだったのかな?)は光り輝いているし、
    アランはやっぱりアランがそこにおる~~!!だったし、
    クリフォード先生もなかなかだった。キングポーも老ハンナも。
    もっと薔薇を!!とは思ったけれど。

    霊媒師をああいう風に持ってくるのも面白かったな。
    あ!沈丁花の君!と思った瞬間ぶったぎられたのも、またよし(笑)

    1幕目、私はすっかりあの漫画世界の持つ切なさ、やりきれなさ、恐ろしさを思い出して
    じーんとしてしまったのでした。
    2幕目以降は、ちょっと気になる部分もあったのですが、もう何も言うまい。

    いやぁ、まずはとにかくタカラヅカってすごいわ。
    この違和感のなさ。
    すっごーい。

    バーフバリもできるんじゃないかしらねえ。ほんとに。

    category: その他の感想

    tb: --   cm: 0

    いい女  

    「MINDHUNTER」season1、無事視聴終了。
    面白かったわ~。ジェシー、いや、ジョナサン・グロフ、今回はホールデンの浮世離れ感がまたちょうどいい感じ。なんか変というか、あやうい感じ、あかん感じがうまいわ、ジョナサン。
    同僚たちの顔つきもみんないい。
    あんまり調子こいてたら危ないわよ~と思ったら、あらあら、えらいこっちゃ。
    はやくseason2の配信を~~~(すっかりフィンチャーに踊らされている)

    Netflix様々ながら、なかなか全部を網羅するのは難しい。(本数多いし)
    その中で、次になんとなく見てみたオーストラリアの
    「ミス・フィッシャーの殺人ミステリー」が面白~い(嬉)

    主役のミス・フィッシャーが、イブ・ケンドールみたいにとっても素敵な人!!
    粋でおしゃれで賢くて大人。ええわぁ。すごくかっこいい。酸いも甘いも嚙み分ける(でも訳知り顔じゃない)大人っていいわァ。彼女の周囲に結果集まってくることになる人物たちも、それぞれに魅力的。

    さらに嬉しいのは、協力体制をとることになる警部との友愛がねぇ。すっごくいいのよねぇ。
    対等な大人ふたりの、言葉に出さない友情プラスα。
    人それぞれに好みがあるので難しいけど、自分はこのさじ加減のバディ感、同士感が一番好きだなァ。どんな媒体であれ。
    性別不問。過去や私生活には介入しない。しかし互いを認めて信頼し、大切に思っている。
    この均衡がたまにちょっとだけ揺れ動くのもいい感じ。

    Miss-Fisher-and-Jack-1.jpg

    このドラマ、台詞がいいのよねぇ。なんにも言ってないときの役者さんたちの瞳もねぇ。
    あと、20年代の衣装、調度類もめちゃくちゃ素敵で目の保養。
    (早速フライニーの髪型風にしてみたけど、なんやの、この中学生風味は・・・。どこの子どもちゃんかと思たわ~と笑われるし。平たい顔族で童顔だからか。骨格の違いか。風格も違うな。うーむ。無念なり・・・)

    Netflixに感謝感謝。season3まであるようなので、じっくり楽しまねば。








    category: その他の感想

    tb: --   cm: 0

    Spartacus Blood and Sand Season 1   



    スパルタカス 血と砂 season1視聴完了。(ネットフリックスにて)

    ムキムキかァ・・・とあまり食指が動かなかったはずなのに、なんだかだんだん夢中になってしまいました。
    ムキムキにも慣れちゃった。
    (突然主人公が妄想癖炸裂させまくる変な回などもあって笑ってしまった)

    このドラマは何がいいかって、人々の死にざまでございます。

    あと、どの登場人物にも何とも言えない味がある・・・
    女性たちの胸も超自然できれい。(作り物感ゼロ)
    伏線回収しての大団円ながら、逞しくしぶとい輩は次のシリーズでも活躍しそう・・・
    調べたら、主演の目の優しい役者さんは、この後癌の治療に入り、若くして亡くなられたとのことでなんとも寂しいけれど。

    引き続き、season2、3と視聴しよう。

    category: その他の感想

    tb: --   cm: 0

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ