FC2ブログ

    終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    祝!祝!祝!  

    봉준호2020
    봉준호202002
    봉준호202003

    ネットより拝借。

    おめでとうございます!!

    殺人の追憶が初めて映画館で観た韓国映画だった自分としては、ほんとにほんとに嬉しい(嬉)
    めでたいめでたいめでたい!!(嬉)
    あの衝撃はいまだに忘れられない。

    映画人への敬意溢れたスピーチ(こないだのスパイク・リーリスペクトといい)も素晴らしい瞬間だったみたいだし、早く授賞式の模様を見たいな。

    というより、映画自体、はよ観に行かなあかん・・・あれもこれも。


    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    加齢とは  

    年明けは景気づけにまずこれを観ると決めてたのに。
    我が家は皆ハニちゃんが好きだから。

    극한직업

    そしてそのあとは、「寄生虫」でしょ、

    기생충

    ダニボンの「ナイヴズ・アウト」でしょ、

    Knives Out

    「9人の翻訳家」ていうのも面白そう!!!「キャッツ」だって怖いもの見たさに行くかな?くらいのもんなのに。

    Les traducteurs

    治らん。風邪が。1か月。
    許せん。この寄る年波。気合いとは無関係にやってくるこれ!!
    憤懣やるかたないとはこのこと。

    今年の目標は、健康第一に決まった・・・

    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    まだまだ  

    はぁ、やれやれ。
    今年はまだまだ仕事納めには程遠いぜ。とりあえず深呼吸で諸々を飲み込む(笑)
    TV画面に映っているのは「いまそこにある危機」。1994年作品だって。映画館で見たはずだけど、ハリスンがかっこよかったという印象以外全然記憶にないのはどーしたことだ。

    で、2019年の一番のお気に入り映画はなんだろうと考える時期なので考えてるけど、やっぱりあれですわ。

    お嬢さん6d76d097b22a7e6e69da777677c3ff0dbdae0beb

    『お嬢さん』 2016年

    これこれ。もー、こんなに好きな映画も久しぶり。


    무뢰한

    次点はやはり 『無頼漢』 2015年 か。
    Netflixで配信されてるのを結局41回ほど見てしまった。(大丈夫か)
    自分としては珍しい。音楽のせいもあるかもなァ。エンドロールが終わるまで聴いていたい旋律だもんなァ。

    나의아저씨1228

    ドラマ部門では、やはり1位は 『나의아저씨』 2018年 。

    来年は、役者さんの名前をもう少し覚えたいけど…まぁ無理やろなァ(^^;


    今年は橋本治さんや田辺聖子さんもあちらに逝ってしまわれたので、なんとも寂しい。が、仕方ない。
    自分もク〇忙しい1年だったが、自分が選んだのだからがんがんいかねば。

    いつもお世話になっている皆様、ありがとうございました。
    健康第一で、よいお年をお迎えください💛



    家事にはこれ~♪




    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    はぁ、やれやれ  

    エドレイシイ開高Paris

    昨日、面白く読んだ。あっという間。今はこのくらいの長さのがいい。

    先日は、アンナ・カリーナが逝ってしまった。ドヌーブは入院してるみたいだけど、大丈夫かしら。

    ここ数年見聞きするあれこれに疲れ切って遠い目になることが多いが、なんでこんなことに…と考えながら、自分を無理やり納得させる術として「全部ペリーが悪い。黒船が悪い」ってことにしている。

    ナエ・アジョッシ、最終話はそれまでとはちょっと違う感慨を持ったかも。
    あれ?そういう風にするんや・・・みたいな。でも、ほんとよい作品で満足満足。感謝感謝だ。部長は、ポンジュノ監督の『寄生虫』にも出演されている模様。楽しみにしとこ♪

    にしても、私の数十倍乙女度が高いオットは昔から韓国ドラマと親和性が高く、しょっちゅう泣いたり笑ったりツッコんだり楽しそう。私は、そういう時は違うものを見たり寝ちゃったりすることが多かったのに、今年は人生初なほど韓国ドラマを見た!(笑)韓国映画はわりと好きだったけど、まさかドラマまで見るようになるとは自分で自分にびっくり。
    そして、そのドラマの合間に流れるCMの内容にもびっくり。さらに韓国ドラマの不思議な邦題センスにも目をむくのである。(誰がつけてるの?)

    ぎゃーっと逃げ出したくなる邦題がつけられたドラマでも、

    당신의 하우스 헬퍼

    こんなかわいい女の子たちが4人も出てくる作品があって、真剣にはならずとも「可愛いねぇ。ほんと可愛い。あぁ可愛い」とニコニコするのもまた楽しいもんだな、と新鮮な気持ちを味わったりして。

    Live2018.jpg

    この「Live」という作品は2018年制作らしい。ERなみに登場人物たちにいろんな事情がありまくりだが、見応えがあって続きが楽しみな作品。
    ヒロインは、「釜山行き」でドンソク兄貴の嫁さんをやって人だわ~。(82年生まれキム・ジヨンの映画化でもキムジヨンをやったそう)彼女のことを好きな同期のサンスが好き。
    何より、中年のおっちゃんおばちゃんが大活躍でいい演技をたっぷり見せてくれるのが素晴らしい。脇じゃなくて、物語の中心をぐいぐい引っ張るのが中年組。(まぁ、若手を育てる上司なので)
    先日見たばかりのエピソードでは、ワガクニの現実の遥か上を行く視点、意見がしっかりと示されていて羨ましかった。
    「悪いのはあなたではなく犯人である。全面的に犯人が悪いのだ」
    「被害にあったときの反応は人それぞれであり、決して単一ではない。同じだったらむしろおかしい」
    「お前の許可なくお前に触れる権利は誰にもないのだ」云々・・・

    굿바이 솔로

    「Live」でチーム長を演じている女優さんもご出演で(↑)つい先日始まったのが「굿바이 솔로」(2006年)というドラマ。
    なんだか90年代初頭みたいな感じだなぁと見始めたけど、これまた我慢の人たちばかり出てくるので涙腺が決壊しがち・・・泣
    1話後半からどんどん引き込まれてしまって、これもしばらく見ちゃいそう。
    覚えた役者さんの名前をHDDの自動録画機能に忘れないうちにどんどん入れてるから、「お嬢さん」のキム・ミニさんと「無頼漢」のナムギルさん枠で勝手に録画が始まったけど、これはラッキーだった。
    キム・ミニさん、まだまだ若くて(お嬢さんでも若かったが)日焼けしていて、イメージ違う?と思ったけど、いやぁ、やっぱり演技うまいなァ。魅力的。2話での食事のシーンで泣けてしまったぜ。ナムギルさんの食事のシーンもやっぱり泣けた。あのメールは彼が送ってるんだろう。
    主人公の男の子の役者さんは、下唇の真ん中にきゅっと縦しわがあってキュートである。彼が好きな女の子も、とってもいい。チーム長のエピソードは辛かった…泣。温水さんをハンサムにしたみたいなヤクザのおっちゃんと、話せない(話さないんだろうな)おばあちゃんも気になるし、主人公の男の子のアル中気味?の医者の兄貴も気になるのである。

    という感じで、映画館へ行けない分、ケーブルテレビで頭を逃避させ、年末年始も乗り切らねば~。

    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    火曜に  

    나의 아저씨2018

    週明け、火曜にナエアジョッシが終わってしまうんだって・・・(T_T)

    寂しい~~~~~(T_T)

    愛って、人間って、生きるって・・・・・とさまざまな思いがつのってしまう物語・・・・(T_T)

    めっちゃ好きなんですけど。

    坊さんが出家した理由だけちょっといまいちまだすっきりしてないんですけど。(私、何か見逃したかしら)

    終わらんといてほしい~~~(終わらんと困るけど~~~)




    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    久々の休日  

    국가부도의 날

    『국가부도의 날』(国家が破産する日) 2018年 韓国

    初見。かなり久々の映画館で嬉しかったが、観ていて時々ゾッとした。ワガクニにいたら誰でもそうだろう。
    社会派エンタメでがっつり韓国映画だが、告発ものを作るの、韓国は上手い。
    97年当時、日本でも報道された国民の金製品寄付のニュースはかなり印象に残っているものの、その金がいくら集まってどう使われたかはまったく知らなかった。それに、ここまで大変だったのか…。それも知らなかった。

    ゾっとして落ち込んで終わりかというとそうではなく、
    「常に疑い、考えろ。目を見開いて社会を見ろ。2度も騙されるのはごめんだ」
    というモノローグをかましてくるので、高校の現社の先生を思い出しながら(ラストの授業でほぼ同じことを言われて終わったので)映画館を出ることになった。

    役者陣は、知ってるお顔が何人も♪(でも、役名でばかり覚えているのでなかなか役者さんのお名前がインプットされず困っている(T_T))ヴァンサン・カッセルもいろんな映画に出るなあ


    멋진 하루

    『멋진 하루』 (素晴らしい一日) 2008年 韓国

    これはチョン・ドヨンさんが大好きになってから、いつか見なくちゃと思っていた作品。
    無料配信されていたので喜んで視聴しました(嬉)初見。

    原作は日本の方だそうだが、とにかくキャスティングの妙に尽きるというか…
    ドヨンさんとハ・ジョンウさんがもうばっちりなのだ!!
    ハ・ジョンウさん、ヒモ顔っていうか、なんつーのかしら。この可愛げのあるダメ男、優しく情味のある善人がはまりすぎ(笑)まぁ、そうだろうとは見る前から思ってたけど(笑)気持ちに余裕があれば自分だってこんな男にはちょっとくらい貸しちゃうかもと思ったほど(笑)
    彼は魔法を使えるのだ。思わず女がほほ笑んでしまう魔法。なぜか心が豊かになってしまう魔法。

    その芝居を受けてのドヨンさんの表情もいいのだ。
    あの最後の車の中のドヨンさんの顔!!!最高。

    この二人で田辺聖子さん作品をやってほしいなァ。めっちゃ見たい。

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    霜月  

    八千草さんが逝き、マリー・ラフォレも逝き、あっという間に今年も残り少なになってしまった。
    こんなに多忙になるとはさすがに去年の今頃は想像つかず。映画館も相当遠くなってしまったけど、年内に1本くらいは観たいなァ

    ケーブルテレビでやってくれる映画は録ってばかりで消化し切れてないけど、まぁ、まぁ。いつか見る。ドラマの方は、善徳女王が終わってから我が家は友人の送ってくれた「グッド・ドクター2」以外しょぼーん。

    선덕여왕

    ミシル様、よかったわァ。好きだったわァ。(ミシル様が亡くなるとこだけ思わず涙ぐんでしまったぜ)
    トンマンの才気を感じるたびに、真のライバル(あるいは後継者)出現にほんま嬉しそうなとこもよかった。実質トンマンの父であり、母であり、同士であった。その口惜しさもよくわかった。
    ま、出てくる男女みんな相当面白かったんだけど。しかし最後の最後で、なんでポジョンは出てこなかったの?
    「無頼漢」でとってもよかったナムギルさんも出てたけど、トンマンに何か言われて二度ほど、さーーっと音がするほど顔が赤くなるとこはさすが演技派だった(笑)役的には、「誰か!彼に早く爺やと婆やを!!『坊ちゃん』の清みたいな婆やか爺やを与えてあげてくれ!!」とTVに向かって叫んでしまう気の毒な人だった。オットも「お前はまだそんなこと言うとんのか!ばか!ばか!」と、頭をかかえてたし。なんでユシンの下につけてあげなかったのかねぇ。
    あと、我が家のお気に入りサンタクは殺さないでほしかった・・・泣
    終盤になって、急に軽~~~いBGMが入りだしたのも謎だった。ぶち壊しやないか~~泣

    って、ドラマでした(笑)
    62話もあったんでつい入れ込んでしまったわ。たまに、へ???だったけど、面白い大河ドラマだった~。
    そんなだったので、しばらく寝る前の楽しみがなくなって、つまんない~と思ってたんですが、今月からまた新たな名作が!!

    나의아저씨

    나의아저씨って、ナエ アジョッシ でMy Misterとのこと。(邦題はちょっとなんかアレ)
    オットは気にならないらしいが、CMが入りまくるし短いのでカットされてるのだろうか…。

    でも、第1話からどんどん引き込まれるものすごく好みのドラマで嬉しいったらない。(姐さん、教えてくださってありがとう!!)
    いろんなことをぐっと我慢して気持ちを押し殺し、口に出さない人たちについ涙してしまう。
    10話まで放送されたのを今日見たけれど、どの登場人物も愛おしくて仕方ない。
    笑ってしまうような台詞でも、それを口にしているときのその人物の心の奥底が(わかる!)とか(知ってる!見える!)みたいな時があって、ほんと好き。。
    う・・・と胸を衝く台詞も多い。身に覚えのある感情も渦巻く。
    部長は鼻筋がきれい。長男と常務は刑務所のルールブックに出てた俳優さん。三男はひとりでアルフィー2人分みたいな風貌。釜山にやられた常務も知ってる人だ。
    初めて見たけどとってもうまいジアンちゃんはいったいどうなるのか。ETっぽくカートに乗るおばあちゃんは?
    同志愛みたいな人間愛みたいなこの脚本を書いてるかたは、いったいどんな人なのかしら。おいくつくらいなんだろう。
    いろいろあるよね・・・という気持ちで、静かに一緒に酒を飲みたいような(飲めんけど!)、いってらっしゃーい!とかおかえり~!とか声かけたくなるような、そんな気持ちになるドラマ~




    さ、続きを楽しみに、年末まで燃えねば。


    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    無題  

    therealbritish.jpgpouline.jpg

    やっと一息。
    ブレイディさんの本、面白かった。日本についての本はきつくて中断中。

    ほんと忙しくて映画館が遠いので、あれこれ見逃しちゃって悔しいが致し方なし。
    Netflixもあれこれ見たかったのに時間がないので、楽しみにしていたマインドハンター2だけ一気見していったん止めた。
    CATVでやってくれてる善徳女王という時代劇だけ録画してはオットと必死に見ているけど(なんせ長いんで、1.2倍速で)、ミシル様(賢い)とトンマン(賢い)がタッグを組んだら最強で新羅のためにも一番いいんじゃないのかという気持ちが最初っから今に至るまで消えない(笑)
    チンジ王(だっけな?←チヌン大帝だった)は、なんであんな人を後継者に指名したのかわからんわァ。
    敵であるミシル様は、実質トンマン王女の父であり、母であり、師であるという設定が面白い。果たして、トンマンは偉大なるミシル様を超えていけるのか。
    いろんな男も出てくるけど、そうだなァ、自分が一緒にいるとしたらソルォン公がいいな。ミセンも面白いけど。

    さ、来週も再来週もがんばらねば。








    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    無題  



    私の初ルトガー・ハウアーはこれだった。
    誕生日がいっしょなのも勝手に自慢に思っていた。
    セクシーなあの目はこっちが消えるまで脳内で永遠に再生可能だ。



    category: あなただけ今晩は

    tb: --   cm: 0

    神と共に 第2章:因と縁  

    ALONG WITH THE GODSTHE LAST 49 DAYS

    『ALONG WITH THE GODS: THE LAST 49 DAYS』 2018年 韓国

    地獄めぐりエンタメ第2章。初見。

    いやぁ、業でした。業。地獄の使者たちの業がすごかった。

    それと、前回が母なら、今回は父かな?

    地獄は相変わらず広いですが、第2章はかなり漫画っぽかった。(原作漫画らしいし)

    涙を誘うシーンはなくて、スホンの裁判というよりは、3人の業のゆくえが気になる展開。
    業と情かな・・・
    人があまり多いと休廷になる、とか、けっこう地獄は自由らしい(^^;

    途中までちょっとダレそうになっちゃったんですけど、中盤から前のめりでしたわ。
    閻魔様、まさかそうだったのね!だったんですけど、オットは、見てたらわかるやろ!と言っていた(^^;
    ついでに、次回作も作る気なのか?と言ってたけど、どうやろ・・・(^^;

    あ、知ってる!という顔がたくさんご出演で嬉しく、また、柄にもなく、善い人間として生きたいものだ。と思う2部作でございました。

    ********************************************

    しかし、この1か月で一番ショックだったのは、ハ・ジョンウさんが年下だとわかったこと。
    なんてことだ。信じられない。絶対1つ上だと思ってたのに・・・←なんの根拠もないけど
    あんなに渋かっこいいのに、年下だなんて。

    ドンソク兄貴は、ムヨルさん(増量したように見えるが)も出てて死ぬほどうれしい「悪人伝」が早くみたい!!!見せてくれ~~~~




    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ