FC2ブログ

    終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    ボルグ/マッケンロー  

    BM1.jpg

    『BORG MCENROE』 2017年 スウェーデン・デンマーク・フィンランド

    面白かった!!
    渋くて胸の熱くなる作品でした。初見。

    1980年のこの試合、残念ながらまだ小さかったんでTVで見てはいない(残念)けれど、ボルグ、マッケンロー、コナーズ、ナブナチロワは人生で一番最初に覚えたテニスプレーヤーの名前。(そしてレンドルのファンになって面白さに目覚めた)

    オットは、見終わって、実際の試合の映像探した方がよかったんちゃうん?(そんなに好きなんだったら)といったけれど、いいねん。この映画はこの映画で素晴らしいねん。(サポーター紛失事件の見解も割れた>笑 わたしはマッケンローが黙って返しといたんだと思った)
    試合の撮り方もうまいよなぁ。

    テニスを見るのは好きでも、本人がどんな人かというのは興味がなかったんで、ボルグが引退したときまだ26だったというのは衝撃だった。サポートに回った婚約者が、強い選手だったというのも初めて知った。
    「氷山によく例えられるが、彼は本当は噴火直前の火山だ」というのも、おおお~~~~
    トップアスリートはやっぱり互いに似てるのね。

    決勝で、マッケンローがあんな風に短気を、毒舌を抑え込んで、静かにボルグと戦ったとは知らなかった。
    しかも、ものすごい試合だったのだ。

    そして、あれだ。あのラストの空港再会シーン。これがまた素晴らしい。
    ボルグがマッケンローを見つけたときの眼。
    視線を感じて何の気なしにそちらを向き、慌ててヘッドフォンを取ってボルグを見るマッケンローの眼。
    美しいシーン。

    BM2.jpg

    二人にしか絶対に分かり得ないあの空気感にじーんとなった。

    そうそう、ウィンブルドンの控室?に、ほんとにあんな文字が書いてあるんだろうか。
    うろ覚えだけれど、「栄光も挫折も虚像として平等であるならば」みたいな言葉。あそこもじーんとしてしまった。


    二人を演じる、スヴェリル・グドナソンとシャイア・ラブーフ、コーチのステラン・スカルスガルド、婚約者のツヴァ・ノヴォトニー(アナイアレイション全滅領域ではもっと長生きしてほしかった彼女だ)、皆々とてもよかった。

    夜中にひとりで、じーっと見直したい作品。
    とはいえ、映画館で鑑賞できてほんと良かった。





    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    無題  

    1980.jpgネットより拝借

    おばあさんになったらこれに乗るんだわ~と決めていたのに、生産中止になるそうで寂しい。

    ところで、

    sp_01.jpg

    これがとっても面白かった!
    お話されてる面々も好きな人が多くて嬉しかったなぁ。
    しかも石ノ森さんが大好きで詳しい方たちばかり!
    (こういう番組で、ぜんぜん詳しくない人が出てくると消化不良で憤死する)
    どのお話も興味深いことこの上なし。
    子供の頃に見た再放送のライダー1号とアニメの009しか知らなかったので、これはちょっと漫画を読んでみねば。

    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    無題  

    今年はWOWOWに入り損ねてテニスの試合はほぼ結果を見るだけになってしまっているけれど、なおみちゃんすっごいな。(惚)錦織もそうとう復活してるし、ジョコなんか完全復活か?(マリーの復活も首を長くして待っているのだ)
    テニス好きな人はご贔屓選手がやまのようにいるし、選手のからだを心配しつつ、試合を見たくて仕方ない。
    まだ観に行けてないけれど、友人大絶賛の2本も絶対にスクリーンでみたい。

    BORG MCENROEBattle_of_the_Sexes_(filme).png


    そして、二ツ星を再見して以来止まらないのがNetflixのシェフのテーブル!!
    フランス編を見始めたら面白くて面白くて、寝不足だ。いまは、season1を視聴中。
    元気が出るし料理熱もちょっとあがるし、いい番組だわ~(笑)





    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    はぁ、やれやれ  

    今年はほんとにアレですが…(家が傷む…きっついわァ)
    気分転換できるときはしておこうということで、Netflixで配信始まってるよ~と教えてもらった『二ツ星の料理人』を久々に鑑賞。

    キッチン
    このキッチン、好き。でも、揺れると落ちるからなァ。やはりモノはしまっておこう。

    いやいやしかし、アダムは愛されている。みんなアダムが大好きだ。
    開始6分ちょいで、トニーがそっと彼のシャツを嗅いでからやさしくたたんでアダムのバッグに仕舞ってあげる仕草よ・・・
    めっちゃ愛してるやん。(やっぱり私は好きな人のシャツの扱いにうるさくなってしまうみたい笑)
    終始やむことのない彼のフォローの愛情深さ!!初見時同様、海のような愛情だと思った。
    アダムが暴れて弱音をはいて(気持ちはわかるのだが)すがってくれば、リースは黙って美味しいオムレツを作りコーヒーをいれて励ましてくれる。似たもの同士だし、毒舌吐きあうライバルだが、リースはアダムの才能に惚れこんで、やっぱりずーっと愛しているのだ。
    男も女も、アダムを放っておけず、手を差し伸べ、成長を見守りながら協力する。天才肌で魔を持つ人間には、みんなやられてしまうよなァ。幼少時は大変だったようだが、そして強迫観念症のきらいがあるが、愛されている彼は幸せだ。よかったねぇ。人生はやり直せる。自分は変われる。情熱を燃やせ。いいメッセージだ。いや、そんな生易しいもんじゃないな。天才に魅入られ振り回される人々。才能に魅入られてしまった人々のてんやわんやと、才能溢れた男の第2ステージ始動。
    相変わらずお料理がめちゃくちゃ美味しそう!!おなかすいた!!
    シエナ・ミラー、最高に可愛いな。

    Netflixオリジナルで、シェフのテーブルというドキュメンタリーがあるので、次はそれを見る♪

    面白かった本メモ。

    shinyakunokariudotachi.jpgsincewefell.jpg
    motohagio.jpg






    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    ロスト・ボディ  

    EL CUERPO

    『EL CUERPO』 2012年 スペイン

    初見。Netflixでの配信終了が近いというので急いで鑑賞。
    結果、大正解の面白いサスペンスで嬉しいったら♪
    久々のスペイン語も耳に心地よかったなァ。

    ある晩、遺体安置所の夜間警備員がトラックにはねられ瀕死の状態で見つかる。
    同じ頃、彼の勤め先の安置所では、マイカという資産家女性の遺体が忽然と消えるという事件が起こっていた。
    愛人宅で警察からの連絡を受けた夫のアレックスは、急ぎ安置所へ向かうが、トラックにはねられた警備員が何かに驚いて外へ飛び出したこと、安置所の監視カメラがほとんど故意に切られていたことを聞かされ、驚く。
    妻はまさか死んでいなかったのか?いや、ありえない。確かに自分が彼女を毒で殺した。それなら、誰が遺体を持ち出したのか。瀕死の警備員の様子も気になる彼は、医学生である愛人にひそかに協力を乞う。
    一方、事件担当になった警部は、妻が死んだばかりなのに落ち着いてすっかり彼女を過去のもののように話すアレックスを怪しむ。自分も妻を亡くしたが、いまだに傷は癒えていない。なのに、この男はいったいなんだ?この事件には、夫が深く関与してるのでは・・・。そう睨んだ彼は、アレックスを警察の監視下に置くのだが・・・


    ふふふふふ。
    ん?この人はちょっとあれじゃない?という人たちが出るものの、ラストこういう展開になるとはまったく気づかず(おおお~!そうか~!!)というすっきりの大団円。
    良質サスペンス、面白い脚本だなァ。役者陣もみないい。(知っていたのは哀しいホラー「永遠のこどもたち」主演のベレン・ルエダだけだったが、どの人もこの人もいい)

    追いつめられていく夫。危機の迫る愛人。遺体が消えたままの妻。怪しい探偵。誰かが、夫の罪をすべて知っている・・・・

    ふふふふふ。
    あぁ、面白かった♪

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    合掌  

    うわ、マケインさん亡くなってしまったのか・・・
    治療をやめた、というニュースは昨日流れたばかりだったけれど。
    慌ててCNNつけたら、ずっとやってるなァ
    93年?の海軍での彼の演説って、気になるな。
    現大統領との違いが、マケイン氏を米国のアイコンとして国中が追悼する理由でしょう、か。

    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    生誕祭一日遅れ  

    survivor-lg.jpg
    ネットより拝借

    ダーシーさん、昨日お誕生日やった!!おめでとうございます💛
    で、お初の2015年アメリカ・イギリス映画『SURVIVOR』を見たのです。

    ここでのダーシーさん、超ハンサム!!
    だが、役柄は頭の固そうなサンダーソン警部!!(しかも、途中で消えて出てこない)
    惜しいなァ。ものすごくかっこいいのに。 
    主演は、ミラ・ジョヴォヴィッチ(相変わらず美しい)なので、せっかくなら警部、途中から彼女の味方になってイギリスにいる間は協力体制築いてほしかった。(ミラ・ジョヴォヴィッチは四面楚歌で孤軍奮闘するはめになるデキる女なのだ)
    共演者もなかなか面白いメンツなのに、なぜこうなった~な展開で、作品自体も惜しかったな・・・

    Agent-Carter-004.jpg

    久々に、アトウェルちゃんとのコンビがばっちりのエージェント・カーターでも見ようかしら~♪

    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

    無題  

    猛烈にこれを見直したくなっている。
    セリーヌのお部屋、素敵だったなァ。あそこ住みたいもんね。
    ラストのふたりもめっちゃ好きだったわ。




    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    オーシャンズ8  

    少し前に、”自分が命を狙われたら護衛してほしい人四選”というのがあったので考えた!

    ケイト
    steeve-mcqueen2018.jpgmifune.jpg成田 ネットより拝借

    以上、4名!(ダーシーさんはむしろ私が守りたい)
    しかし、一択ならば迷うことなくケイト様なのである。

    というわけで、再び舞い戻った残暑暑気払いを兼ねて観てまいりました。初見。

    8.jpg

    『OCEAN'S 8』 2018年 アメリカ

    まずは、あれです。

    妹ちゃんと身の軽い彼にも分け前を!!!!

    いやほんとに。
    彼らがいなかったら、ぜんぜん成り立たないし。

    で、皆様方のお洋服たちは目に楽しく、女たちもそれぞれになかなかかっこよく、女の友情大好きだし、成功するとはわかっていてもちょっとドキドキしちゃったりして、楽しめた部分はおおいに楽しめました。
    (ケイト様、やっぱり超かっこいいのね。衣装が変わるたびに見惚れたわ~💛)
    リチャード・アーミティッジ氏は、今回の役柄はすかたんでしたけど、ご本人はやっぱりかっこいい。あの横顔、ええなぁ。なんすか、あの鼻筋。ええなぁ。羨ましい。あ、今日、アーミティッジ氏、お誕生日やん!おめでとうございます!!ジョージ・ジェントリーに出てた時といっこも変わらないなぁ。

    この映画で、ひとつだけつまんないなぁとがっかりしたのは「あなた一人っ子でしょ」って台詞かしら。一人っ子だから寂しくて盗みに興味を?はぁ??
    一人っ子はこう、末っ子はこう、長男はこう、男はこう、女はこう、体育会系はこう、〇〇人はこう・・・・。もうさぁ、そういうのやめたらどうだろうかと思っちゃう。2018年よ?アホみたいな紋切り型の固定観念の枠組み、みんなほとほとうんざりしてるんだからぶっ壊してほしい。

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    最近では見かけないドラマ  

    その目をやめろ~~~
    そんな目はやめろ~~~~


    と、見てるこっちがあやしくおかしな気分になるドラマ。
    ええんかしら、こんなの毎週放映して・・・って、1975年のドラマなんですけど。
    「悪魔のようなあいつ」。

    高校生の頃だったか、久世さんの本を読んでいたら、確かこのドラマでのジュリーをめちゃめちゃ褒めていてかなり気になったのだ。
    幼稚園の頃、TVで歌うジュリーにくぎ付けとなった身(幼稚園児にもその色気と妖気がよくわかった)、二十数年経ってもドラマ名だけは脳内に残っていたみたい。
    それが、この夏CSで再放送されると偶然知り、喜び勇んで録画したのでした。

    そしたらば~。
    1話目から、なんかちょっとこれどうなのよと。
    まぁ、みんながジュリーに惚れてしまってるんだけれども(テオレマか)、中でも藤竜也が・・・エロい。そんな目でジュリーを見んといて~~とこっちのお尻がもぞもぞする。変な気分になって落ち着かない。私、席外しますね!!と九州まで走って行きたくなるほどだ。

    まぁ、演出が久世さんだから、さもあらんてのはあるんですけど。
    こんなの毎週放送してたのね昭和は。
    (ジュリーは、孤児院育ちで妹のために3億円を強奪した犯人で時効を待っているが病を抱えて間に合いそうにないクラブ歌手兼男娼、というものすごいおなか一杯な役柄である)

    そんなこんなでびっくりしたので、まだ1話目しか見ていない。もう少し涼しくなってから夜中に一人で見よう…
    ちなみに脚本は長谷川和彦さんで、大傑作映画の「太陽を盗んだ男」は、このドラマの4年後。
    あの飄々とした理科教師のジュリーは最高だったなァ。脚本も演出も最高だったし。ジュリーを延々おっかける刑事の菅原文太がまたよかった。日本とかそういう枠に限定されないワールドワイドな魅力に溢れた快作だった。

    「悪魔のような~」のジュリーは、実年齢よりだいぶ若く見える。
    上半身裸になったときの胸もつるりーんという感じで、鍛えているでもなさそうなごくほっそりした感じが若々しい。おなかのぺったんこ具合も少年ぽい。歌いだすと突如大人びるのもよい。そしてあの顔。
    それをじっとりと、必死に見つめる藤竜也の目が猛烈に愛を語る・・・

    困った気持ちになるドラマなのである。

    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ