終日暖気

    *大抵ネタバレしてとんちんかんな映画の感想など*

    ブレンダンとケルズの秘密  

    720full-the-secret-of-kells-screenshot_jpg.png

    『THE SECRET OF KELLS』 2009年 フランス・ベルギー・アイルランド

    初見。無事に観に行けて良かった~(嬉)
    そして、とっても面白かった!
    9世紀のアイルランドが舞台の、あの美しい美しい”ケルズの書”に纏わるファンタジーなのだが私でもいけた(^^;

    修道士の卵である赤毛のブレンダン少年を応援しつつ、彼のおじさんの苦悩にも思わずハラハラ。
    あのおじさんの声、ええわぁ。最初、ちょっと無感情ぽくて怖い感じのあの声。
    というか、登場人物全員の声がいいのだが。

    良かった。あのラストで。
    (おじさ~ん、ほんとよかったねぇ!!!というのが一番であった)

    けるず

    森の妖精と、エイダン修道士の連れてきた猫がまた素晴らしい。
    あまりの造形にめろめろである。
    音楽も絵もとても良かったし、あの色彩にも大満足。

    The_Secret_of_Kells_2009.jpg

    修道士と本と・・・というので、ちょっと昔の映画の「薔薇の名前」がよぎったりしたなァ。(あの映画は映画で、最初のわくわく感がどんどん、あれ?あれれ??そっちですのん????になった覚えがあるのだが)

    アホみたいな感想しか書けていないが、観ることができて良かった。
    さ、来週からも頑張らねば。


    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    見逃し禁止メモ。  

    ANTHROPOID ハイドリヒを撃て! 8/19~ テアトル梅田

    ブレンダンとケルズの秘密 8/12~ シネ・リーブル梅田

    パッション・フラメンコ 9/2~ シネ・リーブル梅田

    ワンダーウーマン 8/25~ ほぼあちこち

    ギミー・デンジャー 9/30~ シネ・リーブル梅田

    ダンケルク 9/9~ ほぼあちこち

    HIDDEN FIGURES 9/29~ MOVIX京都

    アトミック・ブロンド 10/20~ MOVIX京都







    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    無題  

    まぐ

    一足先におともだちと観に行った子のみやげ。
    (すごい人らしいけれど、ワタシも観たい)
    まずは、ワイルドのサロメ、ウン十年ぶりに読もかしら。

    kowaie.jpg



    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    Feldeinsamkeit  



    なんだか 夙うに死んでしまった自分が
    雲とともに うっとりと無辺の空を流れてゆくようだ


    Allmersの詩、いいなァ


    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    永遠の農場主  

    連日の訃報。

    ご病気とは知らなかった。
    初めてみた天国の日々の農場主は強烈だった。
    高校時代のワタシは、ヒロインがなぜ農場主を選ばないのか不思議でたまらなかった。



    ライトスタッフのチャック・イェーガーも心のどこかに焼き付いている。あの顔。鷹のような顔。
    同じころ、オフ・ブロードウェイで戯曲を書いていて高く評価されているんだとか、フールフォアラブやパリ、テキサスの脚本も彼だと知って(映画雑誌や俳優についての本によく書いてあった)、ははぁ~顔がいいだけじゃないんやなァ。才人なんやァ。とうっとりしたっけ。

    いつ見ても眼光が鋭く歯並びが特徴的で、しわがよく似合う渋い大人だったなァ。
    合掌。

    Sam Shepard

    category: あなただけ今晩は

    tb: --   cm: 0

    Jeanne Moreau  

    jeanne_moreau.jpg

    ジャンヌ・モローがなくなったとのこと。
    誕生日が同じスターという子供っぽい理由で、中学の頃から彼女はちょっと特別だったなァ。
    紫煙が似合うへの字口の女性。
    人生のことはなんでも知っているような仏蘭西の大人・・・
    かっこいいなぁと思ったっけ。
    名前がまた素敵なのよ。
    「愛も恋も知らない人間は、いつまでも若々しい」、
    そんなフランス映画のきついセリフも納得のジャンヌ・モローの顔が好きだった。
    どんな恋愛を重ねて、どんな毎日を重ねてあんな表情になったのだろう。

    一度見たら忘れない顔。スターだ。
    いつになったらあんな大人になれるのかと思っているうちに、ウン十年。

    合掌。私のなかのジャンヌ・モローはいつまでも消えないワ

    baie-des-anges-la-1962-001-jeanne-moreau.jpg


    category: あなただけ今晩は

    tb: --   cm: 0

    これも観なければならぬ  

    bookofkells.jpg
    (ネットより拝借)

    美しい美しい9世紀の福音書。
    公開が始まったブレンダンとケルズの秘密も楽しみで仕方ないわ~♪



    面白そう!!

    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    家の鍵  

    LE CHIAVI DI CASA2

    『LE CHIAVI DI CASA』 2004年 イタリア・フランス・ドイツ

    初見。
    キャストが全員ひじょうに魅力的な人物造形を果たしている映画で、
    なおかつ淡々とした演出がとてもよかった。

    「いつも日常の些細なことばかりを考えることにしたわ。
     娘にパジャマを買おうとか、歯磨き粉がなくなるとか
     娘の好きなクッキーをミルクに浸そうとか。 
     少し表面的なぐらいの方がなんとか生きてゆける」

    そうやって日常をなんとかやっていっている理知的なニコールの心の暗部。
    シャーロット・ランプリングの物言わぬ複雑に変化する厳しい眼差し。
    手に取るようにわかる気がする彼女の内面を感じて、様々なことを思う。
    この作品はいやらしい非現実的な甘さのようなものは一切排除されている。
    人間が生きるということを真摯に怜悧に見つめた映画で、
    人間の愛も絶望も尊厳もひたひたと沁みてくる。

    LE CHIAVI DI CASA1

    物語の発端となるパオロ。
    出生時に母を、そして父をなくした(と言っていい)パオロ。
    彼を見ていると、叔母夫婦がどれだけ彼の将来まで考えて大切に育ててきたかがわかる。
    愛され、そして責任をもって育てられてきたとても賢い子供だ。
    人の気持ちにも敏感で、身勝手な大人の感情にはきっちりとお返しをする。
    それがわからなくておろおろする実父のジャンニ。
    愛にあふれ、もちろん不安もかかえるパオロは、ジャンニの弱さを否定はしない。
    ラストのパオロの男気には何とも言えない気持ちになる。
    パオロと接することで、ジャンニもいい方向に強くなっていくであろう予感を感じさせるのが嬉しい。

    LE CHIAVI DI CASA3

        

    category: 映画感想

    tb: --   cm: 0

    夏の夜  

    えっへっへ。阪神勝ちましてん。
    きゃー、岩田、お帰り~~~(嬉)けっこう待ったからひときわ嬉しい。
    大雨のあと、ああなるとは(嬉)中継ぎもかっこよかったし(嬉)
    3ラン気持ちよかった~。おおやまはいつ見てもほっこり。
    えっへっへ。(みんな風邪ひかないといいなァ)




    まぬけな夏風邪でしばし倒れたあと、なんとなく懐かしい『アザーズ』を久々に鑑賞。
    あぁ、わたし、ニコールキッドマンの声がめっちゃ好きかも。

    好きな映画だし、配役の適材適所っぷりには唸る。
    しかし、いつ見ても哀しい。

    「わたしは思った。
    慈悲深い神様がわたしを憐れんで言ったのだ。
    くじけるな。強くなれ。良い母に。子のために。

    でもいま、これはなに?ここはどこなの?

    ここは私たちの家。
    私たちの家。
    私たちの家。

    私たちはこの家を離れない」

    ほんとに哀しい。
    グレースを抱きしめたい。そしてふたりのこどもたちを。

    category: 雑談

    tb: --   cm: 0

    あと52日  

    NKIRK James DArcy
    (ネットより拝借)

    ぎゃふーん、ダーシーさん相変わらず素敵やわァ
    右端はマーク・ライランスさんかしらん
    数日前のロンドンプレミアでハリー王子と握手してる姿もかっこよかったし(嬉)
    ええなぁ、ぷりんすはりーはダーシーさんとあんなにがっつり握手できて。
    9/9がひたすら待ち遠しい。

    bakusui.jpg

    ふと起きると20センチ向こうにこの顔。
    これがもしダーシーさんだったらどーするよ!と考えながら寝る。(幸せな私の脳)

    category: lovestruck

    tb: --   cm: 0

    プロフィール

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ